司馬 談(しば たん、? - 紀元前110年?)は、中国前漢時代の太史令。姓は司馬、名は談。の武将の司馬錯司馬靳の子孫。曾祖父は司馬昌(司馬靳の孫)。祖父は司馬無沢。父は司馬喜。『史記』の著者の司馬遷の父。

概要編集

内史夏陽県竜門(現在の陝西省渭南市韓城市芝川鎮)の人。

黄老の学および天文暦学に通達しており、紀元前140年太史令となる。武帝封禅の儀式(紀元前110年実施)の準備のために、太史令として封禅の仕方を研究したが、病のために封禅の儀式に結局参加できなかったことを悔やんで、子の司馬遷に託して死去した。また、歴史書を記そうという構想も持っていたが、着手できないまま、司馬談は亡くなり、その歴史書の構想は子の司馬遷に引き継がれた。