メインメニューを開く

吉川 潮(よしかわ うしお、1948年8月1日[1] - )は、日本の演芸評論家小説家コラムニスト。妻は、粋曲(色物)の柳家小菊[2](落語協会所属)。日本文芸家協会会員[3]駄句駄句会同人、俳号は「駄郎(だろう)」。

来歴編集

茨城県真壁郡下館町(現・筑西市)出身[4]。1971年立教大学経済学部卒[5]

ルポライターのほか、放送作家として「青島幸男のお昼のワイドショー」などの構成を担当する一方、1979年から演芸評論家として演芸評、コラムを書き始める[6][7]。1980年「小説現代」で小説家としてデビュー[8]

落語立川流の顧問[9]であったが、2014年11月に辞任した[10]

著書編集

  • 『芸人奇行録・本当か冗談か』白夜書房 1988 「突飛な芸人伝」新潮文庫 「完本・突飛な芸人伝」河出文庫
  • 『あのころの風 青春ロマン』実業之日本社 1989
  • 『昭和ルーニバース伝』講談社 1989
  • 『人情色のTokio』実業之日本社 1991 「極道貯金」ランダムハウス講談社文庫 
  • 『狼の眼』(徳間書店1992年)のち双葉文庫
1995年に映画化
  • 『躍る白球』広済堂出版 1992
  • 『斬り込み―平成残侠伝』(双葉社、1992年)のち文庫
1997年に映画化
  • 『シンデレラの叫び』双葉社 1992
  • 『千秋楽の酒』講談社 1992
  • 『人生球場二死満塁』広済堂出版 1993
  • 『相談屋マスター』実業之日本社 1993 のちランダムハウス講談社文庫 
  • 『ホンペンの男たち』実業之日本社 1994 のちランダムハウス講談社文庫 
  • 『獅子の肖像 小説・歌舞伎役者三代』青樹社 1995
  • 江戸前の男―春風亭柳朝一代記』(新潮社1996年)のち文庫 
第16回新田次郎文学賞受賞作
  • 『江戸っ子だってねぇ―浪曲師広沢虎造一代』(日本放送出版協会1998年)のち新潮文庫 
  • 『浮かれ三亀松』(新潮社、2000年)のち文庫 
  • 『許せん!テレビ犯科帳』(講談社、2000年)
  • 『本牧亭の鳶』(新潮社、2001年
  • 『わが愛しの芸人たち』河出書房新社 2003
  • 『芸人の了見』河出書房新社 2004
  • 『流行歌 西條八十物語』(新潮社、2004年 / ちくま文庫、2011年1月)
第18回尾崎秀樹記念・大衆文学研究賞(評論・伝記部門)受賞作
  • 『芸人お好み弁当』山藤章二絵 講談社 2005
  • 『芸能鑑定帖』牧野出版 2006
  • 吉川潮芸人小説セレクション」ランダムハウス講談社 2007
第1巻「江戸前の男 春風亭柳朝一代記」
第2巻「江戸っ子だってねえ 浪曲師廣澤虎造一代」
第3巻「浮かれ三亀松」
第4巻「千秋楽の酒」
第5巻「本牧亭の鳶」
  • 『芝居の神様 島田正吾・新国劇一代』(新潮社、2007年 / ちくま文庫、2011年4月)
  • 『人生、成り行き 談志一代記』立川談志 聞き手 新潮社 2008 のち文庫
  • 『恋する幇間』ポプラ社 2008
  • 月亭可朝の「ナニワ博打八景(ばくちばっけい)」 金持たしたらあかん奴』竹書房 2008
  • 『戦後落語史』新潮新書 2009
  • 『落語の国芸人帖』河出書房新社 2009
  • 『コント馬鹿 小説(ゆーとぴあ)ホープ』(芸文社2010年ISBN 9784863960367
  • 『待ってました! 花形落語家、たっぷり語る』新潮社 2011
  • 『談志歳時記 名月のような落語家がいた』新潮社 2012
  • 『芸人という生きもの』 新潮社 2015 ISBN 978-4106037658

編集

  1. ^ 『文藝年鑑』2006年
  2. ^ 中村美彦の一筆啓上 2008年9月14日
  3. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  4. ^ 朝日新聞人物データベース
  5. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  6. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  7. ^ 吉川潮 新潮社
  8. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  9. ^ 筑摩書房[1]
  10. ^ 日刊ゲンダイ2015年1月20日号(1月19日発売)第6面連載「没後3年談志後の落語界」(吉川潮)