メインメニューを開く

吉村 信吉(よしむら しんきち、1907年8月21日 - 1947年1月21日)は、日本の湖沼学者。

人物編集

東京出身。東京府立第五中学校(現・東京都立小石川高等学校)、浦和高等学校東京帝国大学理学部地理学科卒業。中学時代に五中の同窓会誌に千葉県東金雄蛇ヶ池における湖沼観測の結果を発表している[1]。東京帝国大学講師、九州帝国大学講師、陸軍予科士官学校教授を務めた後、1945年に中央気象台(現・気象庁)海洋課陸水掛長となる[2]。1947年1月22日、凍り付いた諏訪湖で観測作業中、氷が割れて事故死した[3]。享年39。

著書編集

論文編集

脚注編集

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集