メインメニューを開く

吉河光貞

吉河 光貞(よしかわ みつさだ、1907年1月16日 - 1988年4月17日)は、日本検察官司法法務官僚

目次

来歴・人物編集

東京府生まれ。京華中学一高を経て、1930年昭和5年)東京帝国大学法学部に入学。在学中は新人会に属し田中清玄らと並び称され、日本共産党にも入党した。大学卒業直後に離党[1]、翌年、司法官試補となり各地の裁判所で検事を務める。

東京地方裁判所時代には主任検事(思想検事)としてゾルゲ事件の捜査に参加、リヒャルト・ゾルゲを取り調べた。戦後は1948年(昭和23年)に設置された法務庁特別審査局(後の公安調査庁)の初代局長、翌年に改称された法務府でも局長などを務め、チャールズ・ウィロビーに請われて下院非米活動委員会の証人になった他、団体等規正令破壊活動防止法の制定を推進した。最高検察庁検事を経て1964年(昭和39年)5月、公安調査庁長官に就任。1968年(昭和43年)9月、広島高等検察庁検事長に転じ、1969年(昭和44年)12月に退官。

1988年(昭和63年)4月17日に死去する。享年81歳。

登場するメディア編集

映画

劇画

著作・口述編集

  • 『所謂米騒動事件の研究』 司法省刑事局、1939年
  • 関東大震災の治安回顧』 法務府特別審査局、1949年9月
  • 「特審教養史料一 『特別審査局の沿革と使命 特別審査局の機構とその所掌事務の概要』」 法務府特別審査局
  • 「国際謀報団「ゾルゲ・尾崎事件」」『昭和史探訪』第3巻、三国一朗インタビュー・編集、番町書房、1975年
  • 「ゾルゲ事件に関する吉河光貞検事の非米活動調査委員会聴聞記録覚書」『ゾルゲ事件関係外国語文献翻訳集』第3巻、日露歴史研究センター事務局、2004年4月

脚注編集

  1. ^ 国会会議録・第005回国会法務委員会第22号