吉田正廣

日本の朝鮮史家、郷土史家
吉田正広から転送)

吉田 正廣(よしだ まさひろ 1895年12月8日 - 1972年1月10日[1])は、日本の朝鮮史家郷土史家朝鮮総督府官吏[2]

来歴編集

堂前家の三男として鹿児島県北伊佐郡羽月村(現・伊佐市)に生まれる。5歳の時、吉田家の養子となる。鹿児島県立鹿屋農学校(現・鹿屋農業高等学校)卒業。朝鮮総督府の記録では、大正10年(1921年)、京畿道勧業技手が初見。36歳の時、吉田朝子(当時23歳)と見合い結婚する。朝鮮農地令制定の最重要人物とされ[3]、朝鮮総督府高等官(奏任官)として『朝鮮の小作慣行-時代と慣行』(1930年)などの著作がある。自らライフワークを「『朝鮮の農村及農村生活』の実証的研究である」(『朝鮮に於ける小作に関する基本法規の解説』1934年、19-20頁)と記していたという[4]。終戦後、妻子とともに鹿児島県大口町に引き揚げ、鹿児島県庁に勤務する。郷土史、農民史を研究しつつ、鹿児島県史や鹿児島県議会史などの編纂に携わり、地元の経済大学や短期大学の講師を兼ねた。

家族編集

妻の朝子は明治40年(1907年8月3日、朝鮮の京城生まれ。父は朝鮮の陸軍病院に勤務していた軍人であった。ひとりっ子としてなに不自由なく育ち、旧制高等女学校を卒業後、単身日本へ渡り、同志社大学に入学した。3年後、朝鮮の母校で英語の教師を1年間務めた。正廣と結婚、同地で1男2女を儲ける(長女は早世)。終戦に伴い帰国した翌年に生まれた次男が、のちにシンガーソングライターとなる吉田拓郎である。朝子は創立されたばかりのラ・サール高校の舎監を務め、仕事の傍ら、同校の図書館で独学し、栄養士の資格を得て、広島県立盲学校の栄養士を10年務める。53歳で定年後、広島の自宅で師範として茶道、花道の教室を営む[5]1985年没)。

キーボードプレイヤーのモンゴル松尾は正廣・朝子の次女の息子である。

著書編集

  • 『朝鮮の小作慣行-時代と慣行』朝鮮農会、1930年
  • 『朝鮮ノ小作慣行』上下巻、朝鮮総督府、1932年
  • 『朝鮮に於ける小作に関する基本法規の解説』朝鮮農政研究同志会、1934年
  • 『鹿児島県農民組織史』鹿児島県農政部 1960年[6]
  • 『鹿児島明治百年史年表』鹿児島県立図書館 1968年[7]

評伝編集

  • 坂根嘉弘「評伝 朝鮮総督府官吏・吉田正廣とその時代」清文堂出版、2021年、ISBN-10:4792414873 ISBN-13:978-4792414870

参考文献編集

  • 吉田拓郎ロングインタビュー、聞き手・重松清『すばる』集英社、2010年3月号
    吉田本人が「一家は朝鮮の羅南というところで暮らしていたらしい」とあるが、父の勤務先・朝鮮総督府は京城であり(坂根論文下巻註58)、「親父は小学校しか出ていなくて」とあるのも、坂根論文の調査で最終学歴が訂正されている(上巻、93頁)。また、重松が「お父さんがお亡くなりになったのは、確か73年でしたね」と述べているが、これは山本コウタロー『誰も知らなかった吉田拓郎』八曜社、1974年の誤記を引用したもの(坂根論文下巻註62)。
  • 坂根嘉弘「朝鮮総督府官吏・吉田正廣の経歴と業績」(上 [8][9])「経済科学研究」21.22号、広島修道大学、2018年2月、2018年8月

脚注編集

  1. ^ 「朝鮮総督府官吏・吉田正廣の経歴と業績」上巻83頁、下巻132頁
  2. ^ 吉田拓郎さんの父の功績伝える評伝…拓郎さんの姉も「父の仕事のことは知らなかったので驚いた」 : エンタメ・文化 : ニュース” (日本語). 読売新聞オンライン (2021年4月7日). 2021年4月7日閲覧。
  3. ^ 「朝鮮総督府官吏・吉田正廣の経歴と業績」上巻83頁
  4. ^ 「朝鮮総督府官吏・吉田正廣の経歴と業績」上巻99-100頁
  5. ^ よしだたくろうの母 吉田朝子さん・週刊平凡毒蝮三太夫シリーズおふくろ第34回
  6. ^ 国立国会図書館サーチ
  7. ^ 国立国会図書館サーチ
  8. ^ 広島修道大学リポジトリ
  9. ^ 広島修道大学リポジトリ