奏任官(そうにんかん)は明治憲法下の高等官の一種で、高等官三等から八等に相当する職とされていた。奏任官は天皇の任命大権の委任という形式を採って内閣総理大臣が任命し、官記には内閣印が捺されていた。

奏任官の位置づけ

概要編集

文官編集

文官は採用形態や勤続期間、職務により分類は多岐に亘る。判任官から昇進する者もいれば、高等文官試験に合格して採用されたキャリア組もいた。技官では、奏任官は技師と呼ばれており、主に判任官である技手から昇任した者、帝国大学を卒業したものが任じられた。

文官の場合、どの役職が高等官何等に相当するかといった基準がはっきりとしていないことも多い。そのため、軍人のように官等と役職を完全に対応させることは難しいが、明治から戦中までの官記(任命書)などから調べると、各等級に相当する役職は大まかには以下のようになる(ただし、奏任官二等の事務官や技師、勅任官の府県部長が存在するなど、以下に当てはまらない事例も少なからずあるため、注意が必要である)。

奏任官一等…各省課長/参事官/書記官師範学校長、大学教授、府県部長など

奏任官二等…各省書記官/理事官、大学教授、府県部長など

奏任官三等…各省理事官/事務官、各省技師、大学教授、府県理事官、中学校長、大規模便局長など

奏任官四等…各省事務官、各省技師、中学校長、大学助教授、大規模郵便局長など

奏任官五等…各省事務官、各省技師、警視、中学校教諭、大学助教授、府県課長、府県技師、郡長など

奏任官六等…府県技師、府県視学、中学校教諭、警察署長など

奏任官待遇…小学校長など

武官編集

武官大佐から少尉までの士官に相当した。それぞれ階級ごとに、大佐は奏任官一等(高等官三等)に、少尉は奏任官六等(高等官八等)に相当するものとされた。少尉に任官する者は、概ね次の者であった(公務中の死亡による昇進を除く)。

  1. 士官学校兵学校を卒業して所定の期間を経過した者
  2. 下士官(判任官)・から昇任した者
    1. 陸軍:少尉候補生として一定の期間を経過した者
    2. 海軍:兵から昇進してきた者で、階級は通常「特務」を付けて「特務少尉」と呼んだ。
  3. 幹部候補生制度ができてからは、甲種幹部候補生の教育を修了して一定期間を経過した者

関連項目編集