吉田法晴

吉田 法晴(よしだ ほうせい / みちはる、1908年3月13日 - 1981年1月19日)は、日本政治家衆議院議員(1期)、参議院議員(3期)。初代北九州市長(1期)。

経歴編集

福岡県宗像郡河東村(現宗像市)出身。1936年同志社大学法学部卒業後、日本炭鉱に入社する。1947年日本社会党から福岡県議に当選する。1950年の参院補選で日本社会党公認で立候補して当選する。以来3回。1963年北九州市の発足に伴い市長選に立候補して当選し、1期務めた。その後1972年の総選挙で福岡4区から日本社会党公認で立候補して当選し1期務めた。1981年死去。

参考文献編集

  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。