吉田 秀雄(よしだ ひでお)は、日本の元アマチュア野球選手(捕手)。

吉田 秀雄
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都
生年月日 1951年
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

修徳高等学校では、捕手として1968年秋季東京大会準決勝に進むが国士舘高に敗れる。翌1969年夏の甲子園都予選も準々決勝でエース但田裕介を擁する堀越高に敗退。

駒澤大学に進学。東都大学野球リーグでは在学中1972年秋季リーグ、1973年秋季リーグの2回優勝。1973年春季リーグでは首位打者となり[1]、直後の日米大学野球選手権大会日本代表に選出される。同年の明治神宮野球大会では、同期のエース赤津宏二(日立製作所)とバッテリーを組み、決勝で田尾安志のいた同志社大を降し優勝を飾る。ベストナイン(捕手)2回受賞。赤津以外の大学同期に栗橋茂木下富雄らがいた。

卒業後は新日鐵名古屋に入社。1年目から捕手、四番打者として起用され、1974年都市対抗にチーム初出場を果たす。しかし1回戦で日本楽器に敗退[2]1976年社会人野球日本選手権では大学後輩の水谷啓昭の好投もあって決勝に進出。4回に先制適時打を放ち、水谷が日本鉱業佐賀関藤沢公也との投手戦を制し1-0で初優勝を飾る[3]。この大会では準々決勝でも本塁打、15打数6安打5打点の活躍で優秀選手賞を獲得[4]1977年インターコンチネンタルカップ日本代表に選出された。その後も長く主軸として活躍し、1983年都市対抗でも決勝に進み東芝に敗退するが、2回戦では先発マスクを被る[2]。同大会で10年連続出場表彰を受けた。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 河原井正雄青学大)と同率であった。
  2. ^ a b 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年
  3. ^ 「社会人野球日本選手権大会20年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1994年
  4. ^ 「日本社会人野球協会会報1976」日本社会人野球協会 1977年

関連項目編集