メインメニューを開く

吉田 誠(よしだ まこと、1949年7月24日 - )は、埼玉県与野市出身の元プロ野球選手である。現役時代のポジションは、外野手

吉田 誠
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県与野市下落合
生年月日 (1949-07-24) 1949年7月24日(70歳)
身長
体重
180 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1967年 ドラフト1位
初出場 1968年
最終出場 1975年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

大宮高校では1967年、3年生の時に四番打者、左翼手として夏の甲子園に出場。1回戦で報徳学園と対戦、9回裏2死までリードするがここから反撃を許し、大会史上初の本盗による逆転サヨナラ負けを喫した[1]。この一戦では、バックスクリーン左へ大本塁打を打ち込んで、各球団のスカウトに注目される。秋の埼玉国体では、決勝まで勝ち進み、エース・河原明を擁する大分商を降し優勝した。後にプロ入りするチームメイトに、同期のエース・金子勝美右翼手新井良雄(2年生)、一塁手鈴木治彦、控え内野手島村雄二(いずれも1年生)がいた。

同年のドラフト会議で、東映フライヤーズから1位指名を受け、入団。右の長距離打者として期待され、1969年ジュニアオールスターにも出場した。1971年には外野手として、7試合に先発出場を果たす。しかし当時の東映の外野手には、張本勲をはじめ白仁天毒島章一などの実力者が揃っており、代打や守備固めでの起用が多かった。

1974年オフに戦力外通告を受け、太平洋クラブライオンズに移籍。1975年は8試合に先発出場し、プロ初本塁打を含む2本塁打を放つも打率が上がらず、移籍からわずか1年ほどで引退した。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1968 東映
日本ハム
5 8 7 0 1 0 0 0 1 0 1 0 0 0 1 0 0 2 0 .143 .250 .143 .393
1969 15 21 21 2 4 0 0 0 4 1 0 0 0 0 0 0 0 5 0 .190 .190 .190 .381
1970 26 28 28 1 5 0 0 0 5 1 0 0 0 0 0 0 0 3 1 .179 .179 .179 .357
1971 34 40 40 3 11 3 0 0 14 1 0 0 0 0 0 0 0 7 1 .275 .275 .350 .625
1972 35 19 17 2 3 1 0 0 4 0 0 0 2 0 0 0 0 6 1 .176 .176 .235 .412
1974 55 35 32 2 5 1 0 0 6 1 2 1 2 0 1 0 0 6 0 .156 .182 .188 .369
1975 太平洋 71 39 32 7 7 0 0 2 13 3 0 0 3 0 3 0 1 2 0 .219 .306 .406 .712
通算:7年 241 190 177 17 36 5 0 2 47 7 3 1 7 0 5 0 1 31 3 .203 .230 .266 .495
  • 東映(東映フライヤーズ)は、1973年に日拓(日拓ホームフライヤーズ)に、1974年に日本ハム(日本ハムファイターズ)に球団名を変更

背番号編集

  • 37 (1968年 - 1974年)
  • 53 (1975年)

脚注編集

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年