吉祥寺(きちじょうじ)は岐阜県関市志津野にある釈迦如来を本尊とする臨済宗妙心寺派の寺院で、山号は神宮山。美濃三十三観音霊場23番札所である。

吉祥寺
Kichijō-ji temple, Seki, 2017.jpg
所在地 岐阜県関市志津野2817
位置 北緯35度31分7.5秒 東経136度57分52.1秒 / 北緯35.518750度 東経136.964472度 / 35.518750; 136.964472座標: 北緯35度31分7.5秒 東経136度57分52.1秒 / 北緯35.518750度 東経136.964472度 / 35.518750; 136.964472
山号 神宮山
宗派 臨済宗妙心寺派
本尊 釈迦牟尼仏
創建年 暦応元年(北朝延元3年)(1338年)
開山 峰翁祖一
中興年 元禄7年(1694年)
中興 大徹法源
札所等 美濃三十三観音霊場23番
法人番号 8200005007681 ウィキデータを編集
吉祥寺 (関市)の位置(岐阜県内)
吉祥寺 (関市)
テンプレートを表示

暦応元年(1338年)に美濃に招かれた峰翁祖一臨済宗建長寺派の寺院として開き、興国4年(1343年)には住山したという。吉祥寺は外護者を持たなかったためその後衰微した。承応元年(1652年)関梅龍寺の善仲が再興を発起し、元禄7年(1694年)に梅龍寺7世の大徹法源が妙心寺派の寺院として中興を果たす。その後、元禄14年(1701年)に火災に遭って伽藍を失うが、延享2年(1745年)に堂宇の再建を果たしている。昭和56年(1981年)に老朽化のため、建物を再建している。

参考文献編集

  • 美濃西国三十三観音霊場会編『美濃西国三十三所観音巡礼』p.127-p.129 朱鷺書房 1999年