メインメニューを開く

吉見 広頼(よしみ ひろより)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将毛利氏の家臣。石見国津和野城主。

 
吉見広頼
時代 戦国時代 - 江戸時代初期
生誕 天文4年(1535年?)[注釈 1]
死没 慶長18年6月20日[1]1613年8月6日
改名 亀王丸(幼名)[1]→広頼[1]
別名 通称:次郎[1]
戒名 秀巌舸撤[1][注釈 2]
墓所 山口県阿武郡大井串山周鷹寺[1]
官位 大蔵大輔[1]三河守[1]
主君 大内義隆毛利元就輝元
氏族 石見吉見氏
父母 父:吉見正頼[1]
母:大宮姫大内義興娘)[1]
兄弟 広頼広正
正室:毛利隆元[1]・津和野局
継室:内藤隆春娘・河原殿[1]
側室:光井勝良[1]
矢野局(河野通直室→末次元康継室)[1]元頼[1]広長[1]
益田広兼正室[1]宍道元信[1]
天野元景[1]毛利就頼正室[1]
養子:政春[1]
テンプレートを表示

出自編集

石見の国人である石見吉見氏は、鎌倉幕府初代将軍源頼朝の弟・範頼を遠祖とする清和源氏の支流・吉見氏の傍流にあたる。

生涯編集

吉見正頼の子として誕生[1]。毛利氏よりその祖先・大江広元の1字を与えられて広頼と名乗る。

父が陶晴賢と対立し、天文23年(1554年)に籠城戦の末に一時降伏した際に人質となったが、翌天文24年(1555年)の厳島の戦いで晴賢が敗死すると解放された。永禄6年(1563年)に初陣、出雲国白鹿城攻めで本田豊前守を討ち取った。初陣後に毛利隆元の娘を正室に迎えたが、元亀2年(1571年)に先立たれたため内藤隆春の娘を継室に迎えた。天正7年(1579年)に備後国美作国に出陣、天正10年(1582年)の備中高松城の戦いに出陣した。同年、父から家督を譲られる。

病弱で父ほどには信任を受けなかったが、毛利氏に忠実に仕え、天正14年(1586年)の九州平定吉川元春小早川隆景らと共に九州に従軍、豊前国香春岳城攻めで功績を上げ、豊臣秀吉から感状を受け取った。天正18年(1590年)の小田原征伐では毛利水軍に加わり三沢為虎熊谷元直益田元祥山内広通諸将と共に伊豆国下田城を落とした。文禄・慶長の役には病気で出陣出来ず、嫡男・元頼が代わりに渡鮮したが、文禄3年[1]1594年)に元頼が津和野で病死、翌年[1]に継室も亡くなった。慶長2年(1597年)に次男・広長を渡鮮させ、翌慶長3年(1598年)に広長に家督を譲り隠居した。

しかし、広長は毛利氏に反抗的で、慶長4年(1599年)に出奔したため当主に復帰、広長の帰参に腐心することになる。広長は慶長5年(1600年)に復帰したが、同年の関ヶ原の戦いで輝元は周防国長門国に減封、広頼も津和野を離れてに移り住んだ。慶長9年(1604年)に広長が再び出奔[1]、娘達も先立つなど晩年は不遇であった。慶長17年(1612年)に吉川広家の次男を婿養子に迎え吉見政春と名乗らせ、翌18年(1613年)に死去[1]

広長は広頼の死後に帰参し家督を継いだが、元和4年(1618年)に讒言で輝元に討たれ吉見氏は断絶した。政春も後に大野毛利家を興して毛利就頼と改名した[1]

脚注編集

注釈編集

[ヘルプ]
  1. ^ 生年については天文10年(1541年)、天文11年(1542年[1]、天文14年(1545年)など諸説ある[2]
  2. ^ “撤”の字を「足」編と「育」と「攵」で構成される漢字で表記する文献もある[1]

出典編集

[ヘルプ]

参考文献編集

  • 津和野町『津和野町史』沖本常吉編、津和野町史刊行会〈第1巻〉、1970年。全国書誌番号:73022334NCID BN03856783
  • 『近世防長諸家系図綜覧』防長新聞社山口支社編、三坂圭治監修、防長新聞社、1966年3月。全国書誌番号:73004060NCID BN07835639OCLC 703821998 国立国会図書館デジタルコレクション