吉野 恵悟(よしの けいご、1987年10月27日 - )は、日本プロレスレフェリー

吉野 恵悟
吉野 恵悟の画像
プロフィール
リングネーム 吉野 恵悟
本名 吉野 恵悟
身長 168cm
体重 60kg
誕生日 (1987-10-27) 1987年10月27日(32歳)
出身地 大阪府大東市
所属 MAKAI
スポーツ歴 野球
デビュー 2007年6月30日
テンプレートを表示

経歴編集

中学の同級生とコンビを組みM-1グランプリに出場するなど芸人として活動。

プロレス好きの芸人が集まったイベントにレフェリーとして参加したのをきっかけに、レフェリーとして大阪プロレスに入社。

2007年6月30日、大阪・デルフィン・アリーナにて、小峠篤司タダスケ戦でデビュー。

2008年3月15日、デルフィン・アリーナ道頓堀大会でのブラックバファロー秀吉戦の試合中に巻き込まれて左上腕骨粉砕骨折の重傷を負い全治9か月と診断されるも3か月後には医師に無断でリングに復帰。この影響で今でも左上腕には8本のボルトとプレートが埋め込まれている。

大阪プロレス入社当初よりレフェリーと平行して団体職員としても働き、他団体選手や外国人選手の招聘を担当していた。

2010年秋ごろより、関西を中心に展開しているパチンコ情報のフリーペーパーにコラムなどの連載を開始。

2014年4月、大阪プロレスの活動停止に伴い、先駆舎に移籍。活動拠点を東京に移してプロレスリングFREEDOMSスターダム東京女子プロレスなどでも裁くことがある。

また、ニコニコ動画ニコニコプロレスチャンネルOSAKA女子プロレス中継では、GAMIと共にコメンタリー実況を務める。

2017年2月3日、先駆舎からMAKAIに移籍[1][2]

得意技編集

  • レフェリーコルバタ
  • レフェリースペル・ラナ
  • 各種激しいツッコミ

人物編集

  • 大会前には前説を担当。テレビ、ラジオ、イベントに出演することもある。
  • ツッコミのほかにもボケをかますこともある。

脚注編集

外部リンク編集