名誉団員(めいよだんいん)とは、

名誉団員編集

楽団における名誉団員編集

名誉団員は名誉指揮者名誉音楽監督などと並んで楽団の発展に貢献した音楽家に与えられる名誉称号の一つ。指揮者の小澤征爾2010年11月2日ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団から名誉団員の称号を贈られたのは著名な例である。同団では過去168年(2010年時点)の歴史の中でヴィルヘルム・フルトヴェングラーニコラウス・アーノンクールなどに贈られており、非常に栄誉ある称号として位置づけられている[1]

消防団における名誉団員編集

消防団における名誉団員は消防団に多年勤続し、功績を残した退職者に対する称号である。名誉消防団員ともいう。以下に詳述する。

名誉団員の規定編集

名誉消防団員および消防団名誉団員の称号は、北海道石川県岡山県の市町村が条例または規則において独自に制定している称号である。また、名誉団長の称号を置く自治体もある。 北海道では芦別市歌志内市美唄市など[2]、石川県では小松市[3]、岡山県内では岡山市、津山市、高梁市新見市玉野市真庭市久米南町などで定めている[4]

名誉ダンサー編集

新国立劇場バレエ団における名誉ダンサー編集

また、バレエ団などでは名誉ダンサーの称号を定める例がある。主な人物として日本の新国立劇場バレエ団のオノラブル・ダンサー(名誉ダンサー)として酒井はながいる[5]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 「小沢征爾さん ウィーン・フィル名誉団員に 「どんな勲章よりうれしい」」『読売新聞』2010年11月3日東京朝刊33頁参照。
  2. ^ 芦別市消防団員名誉称号規則歌志内市名誉消防団員規程美唄市名誉消防団員規程参照。
  3. ^ 小松市消防団表彰規則参照。
  4. ^ 久米南町消防団名誉団員規則高梁市消防団名誉団員規則津山市消防団名誉団員規則新見市消防団名誉団員規則真庭市消防団規則参照。
  5. ^ 「新進振付家 ダンス講演 18日~20日 さいたま芸術劇場=埼玉」『読売新聞』2013年10月17日東京朝刊埼玉2版32頁参照。

参考文献編集

行政資料編集

北海道編集

石川県編集

岡山県編集

報道資料編集

  • 『読売新聞』2010年11月3日東京朝刊
  • 『読売新聞』2013年10月17日東京朝刊埼玉2版

関連項目編集