君が、嘘をついた。

君が、嘘をついた。』(原題:Les Menteurs)は、1996年フランス映画ジャン=ユーグ・アングラードが監督のエリ・シュラキと組んだ、映画の内幕モノを描いたライトコメディ。悩める監督の姿を描いたコメディだが、アングラードが久々に軽妙な演技を見せる。

君が、嘘をついた。
Les Menteurs
監督 エリ・シュラキ
脚本 エリ・シュラキ
アントワーヌ・ラコンブレーズ
製作 アンヌ=ドミニク・トゥーサン
パスカル・ユデレヴィッツ
製作総指揮 ロベール・ベンムッサ
出演者 ジャン=ユーグ・アングラード
ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ
撮影 フランソワ・カトンネ
編集 ジャック・ヴィッタ
配給 カルチュア・パブリッシャーズ
公開 フランスの旗 1996年3月6日
日本の旗 1997年6月14日
上映時間 107分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
前作 メランコリー
次作 戦場のジャーナリスト
テンプレートを表示

目次

ストーリー編集

脚本家志望のデイジーは映画界に入りたくて、憧れでもある映画監督のザック(アングラード)と、妻であり大女優でもあるエレーヌ(ロレイン・ブラッコ)に近づこうと、ある嘘を企てる。運良く彼らに近づいたデイジーだったが、監督のザックは失踪する。そして8ヶ月ぶりに戻ってきたザックは、浮浪者のように変わり果てていた。

スタッフ編集

キャスト編集

関連項目編集

外部リンク編集