メインメニューを開く

味園 博和(みその ひろかず、1973年4月11日- )は、千葉ロッテマリーンズに所属するチームスタッフ(ブルペン捕手)。背番号93。

味園 博和
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鹿児島県
生年月日 (1973-04-11) 1973年4月11日(46歳)
身長
体重
174 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • デュプロ

経歴・人物編集

鹿児島実業高時代は、春夏合わせて通算4回甲子園に出場[1]。3年次の1991年は、春のセンバツ夏の選手権に春夏連続で出場。夏の選手権では、初戦となった2回戦の旭川工業高戦で2打席連続本塁打を放ち、続く3回戦の桐蔭学園高戦でも本塁打を放ち、チームのベスト4進出に貢献。その活躍が評価され、高校野球日本代表に選出[2]。高校時代の1学年先輩に内之倉隆志がいる。

高校卒業後は、東都専修大学に進学。捕手として、後に広島からドラフトされた同期の小林幹英や1学年後輩の黒田博樹をリードする。

大学卒業後、1996年社会人野球デュプロに入団。社会人時代は、午前中にOA機器全般の営業を担当し、午後に練習するという生活を送る[1]。すぐに捕手としての頭角を現し、レギュラーを獲得。2000年、27歳の時にバッテリーコーチ兼選手となる[1]2003年から6年連続で都市対抗野球大会に出場(自チームで1回、大阪ガスの補強で1回、日本生命の補強で4回)[2]

2008年6月、同年シーズンをもってデュプロの廃部が発表される[1]。そんな中、デュプロから千葉ロッテマリーンズに入団していた松本幸大を介して松本尚樹スーパーバイザーから、キャッチング能力とコミュニケーション能力が評価されブルペン捕手としてチームスタッフ契約の打診がある[1]。悩んだ末に、内之倉や黒田の後押しもあり入団を決意[1]2009年シーズンから、千葉ロッテでブルペン捕手を務める。

ブルペン捕手は選手登録を抹消された選手が務めるのが通例である中、プロ経験のない味園の入団は珍しいケースである。

ブルペン捕手として心がけていることは、とにかく投手に気持ち良く投げてもらうことと語っている[2]

詳細情報編集

背番号編集

  • 93 (2009年 - )

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 【ロッテ】甲子園通算3本塁打 華やかな経歴を持つ裏方 1ページ”. 文春オンライン (2017年7月13日). 2018年1月13日閲覧。
  2. ^ a b c 【ロッテ】甲子園通算3本塁打 華やかな経歴を持つ裏方 2ページ”. 文春オンライン (2017年7月13日). 2018年1月13日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集