内之倉隆志

日本の野球選手

内之倉 隆志(うちのくら たかし、1972年4月30日 - )は、鹿児島県鹿児島市出身の元プロ野球選手捕手内野手)。

内之倉 隆志
福岡ソフトバンクホークス ブルペン担当(一軍) #117
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鹿児島県鹿児島市
生年月日 (1972-04-30) 1972年4月30日(48歳)
身長
体重
179 cm
96 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手内野手
プロ入り 1990年 ドラフト2位
初出場 1991年4月9日
最終出場 2002年9月15日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

現在は、福岡ソフトバンクホークスブルペン捕手

来歴・人物編集

鹿児島実業高時代は、1990年に春夏連続で甲子園に出場し、主に4番で三塁手を務めていた。春1本、夏3本の本塁打を放つ活躍を見せるなど、高校通算39本塁打を放つスラッガーとして注目される。1990年度ドラフト会議にて広島東洋カープ近鉄バファローズ福岡ダイエーホークスの3球団の競合の末、福岡ダイエーホークスから2位指名を受けて入団。1992年は1A・サリナス・スパーズにて野球留学。

当時の有本義明二軍監督により強肩が着目され[1]、3年目途中から、プロ入り後としては珍しく内野手から捕手コンバートされた、オフには背番号も9を新入団の小久保裕紀に譲り、30に変更されたが、その後も故障者の穴を埋める形で捕手だけでなく元々の守備位置だった内野手(主に一塁手、三塁手)としての一軍公式戦出場があった。

プロに入ってからは持ち前の打撃は影を潜め、本塁打は1998年の2本のみであった。

2002年オフには陳文賓とのトレードによる台湾への移籍話が持ち上がったが、これを拒否して現役を引退。

現在はブルペン捕手を務める。

名前の「隆志」の「隆」は郷土の名士である西郷隆盛から拝借し名づけられた。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1991 ダイエー 7 8 8 1 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 .250 .250 .250 .500
1996 10 13 12 1 3 0 0 0 3 0 0 0 0 0 1 0 0 4 0 .250 .308 .250 .558
1998 64 149 130 9 30 2 0 2 38 9 0 0 3 0 16 0 0 36 1 .231 .315 .292 .607
1999 12 11 10 1 2 2 0 0 4 0 0 0 0 0 1 0 0 1 0 .200 .273 .400 .673
2001 17 19 17 0 3 1 0 0 4 2 0 0 0 0 2 0 0 5 0 .176 .263 .235 .498
2002 8 8 8 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 1 .000 .000 .000 .000
通算:6年 118 208 185 12 40 5 0 2 51 11 0 0 3 0 20 0 0 54 2 .216 .293 .276 .568

年度別守備成績編集

年度 試合数 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
1996 2 0 0 0 .000
1998 46 41 31 10 .244
1999 9 2 2 0 .000
2001 11 3 2 1 .333
2002 6 3 3 0 .000
通算 74 49 38 11 .224

記録編集

背番号編集

  • 9 (1991年 - 1993年)
  • 30 (1994年 - 2002年)
  • 117 (2003年 - ) ※ブルペン捕手

脚注編集

  1. ^ 異色の経歴、元新聞記者のプロ野球2軍監督が今語る 「甲子園のスター」人生変えたコンバート秘話 - 西日本スポーツ、2020年5月15日、11:55配信。

関連項目編集

外部リンク編集