和多都美神社

和多都美神社(わたづみじんじゃ)は、長崎県対馬市にある神社式内社論社旧社格村社

和多都美神社
鳥居(陸側).JPG
所在地 長崎県対馬市豊玉町仁位和宮55
位置 北緯34度22分45.5秒
東経129度18分42.7秒
座標: 北緯34度22分45.5秒 東経129度18分42.7秒
主祭神 彦火々出見尊,豊玉姫命
社格 式内社名神大論社
村社
創建 不詳
本殿の様式 流造
例祭 旧暦8月1日
テンプレートを表示
海に臨む鳥居.JPG

目次

祭神編集

歴史編集

  • 神代の昔、海神である豊玉彦尊が当地に宮殿を造り、この和多都美神社が鎮まる地を「夫姫(おとひめ)」と名付けたという。彦火々出見尊(ひこほほでみのみこと)と豊玉姫命(とよたまひめのみこと)の夫婦神が祀られている[1]
  • 『延喜式』の「神名帳」 に對馬嶋上縣郡「和多都美神社 名神大」とある。
  • 貞観元年(859年)に清和天皇から従五位上の神階を賜る。
  • 『三代実録』によれば永徳元年(1381年)に従一位を叙せられ、名社大社の一つ に数えられた。

伝承編集

豊玉彦尊には一男二女の神があり、男神は穂高見尊、二女神は 豊玉姫命・玉依姫命という。ある時、彦火々出見尊(山幸彦)は失った釣り針を探して上国より下向し、この宮に滞在すること3年、豊玉姫命を娶り妻としたと伝わる。

大潮の時期、満潮をむかえた境内では社殿の近くまで海水が到達することもある。その光景は龍宮を連想させ、豊玉姫命と彦火火出見尊の出会いに由来する「玉の井」や、満珠瀬・干珠瀬、磯良恵比須の御神体石などもある。

また、本殿の裏手の海宮山の原生林の中を少しく歩くと、磐座がみえてくる。この手前の壇が豊玉姫命の墳墓(御陵)である。ただ、豊玉姫命は”仁位の高山”に葬られたと社家には伝承されているので、この磐座は恐らく古い斎場の跡であったものが、戦後の混乱期に社家がいったん途絶した為、「豊玉姫の墳墓」と言われるようになったと考えられる。豊玉姫命を仁位の高山に葬った事については『楽郊紀聞』に和多都美宮司(わたづみのみやじ)が語ったものが記録されている。

参考文献編集

  • 鈴木正崇「対馬・仁位の祭祀と村落空間」『祭祀と空間のコスモロジーー対馬と沖縄』春秋社、2004年

現地情報編集

所在地

周辺関連施設編集

脚注編集

  1. ^ 境内由緒

関連項目編集

外部リンク編集