メインメニューを開く

和迩インターチェンジ

日本の滋賀県大津市にある琵琶湖西縦貫道路のインターチェンジ

和迩インターチェンジ(わにインターチェンジ)は、滋賀県大津市和邇中にある国道161号琵琶湖西縦貫道路(湖西道路)のインターチェンジ (IC) である。

和迩インターチェンジ
所属路線 湖西道路
本線標識の表記 和迩
起点からの距離 10.7 km(坂本北IC起点)
接続する一般道 滋賀県道311号途中志賀線
供用開始日 1986年(昭和61年)6月25日[1]
通行台数 x台/日
所在地 520-0526
滋賀県大津市和邇中
テンプレートを表示

周辺の地区名(旧和邇村)やJR駅(和邇駅)の漢字表記には「邇」が用いられるが、当インターチェンジ名には略字の「迩」が採用されている。

目次

概要編集

1986年(昭和61年)6月25日に湖西道路の大津市仰木町―志賀町荒川間が開通した際に設置されたインターチェンジである[1]

湖西道路は開通時には日本道路公団が管理する一般有料道路で[2]、当インターチェンジには本線料金所が設置されていた[3]

しかし、料金の高さから利用が低迷し[2]、合併推進債なども活用して地元自治体も負担する形で無料化をすることになり[4]2005年(平成17年)に日本道路公団が国に売却して直轄国道になり[5]、同年8月1日から渋滞緩和や沿線の観光振興などの効果を期待して無料化され[6]、当インターチェンジに設置されていた料金所は2006年(平成18年)2月20日から撤去工事が行われた[3]

また、開通時から京都方面のみのハーフインターチェンジして供用されていたが[7]、フルインターチェンジ化されることが2007年(平成19年)1月に決定され[7]2009年(平成21年)3月30日にフルインターチェンジでの供用を開始した[8]

そして、道の駅「妹子の郷」が京都方面の出入口に併設する形で[9]2015年(平成27年)8月4日に開業した[10]

なお、当インターチェンジにはタイヤチェーン着脱場も併設されている。京都方面のタイヤチェーン着脱場は道の駅に代替される形で廃止されたが、敦賀方面のタイヤチェーン着脱場は道の駅完成後も残っており、道の駅オープンと同じ頃に公衆トイレも設置された。

道路編集

接続する道路編集

道の駅編集

妹子の郷
 
登録路線 国道161号・湖西道路
登録回 第41回 (25017)
登録日 2014年4月4日[11][12]
開駅日 2015年8月4日[10]
所在地 520-0526
滋賀県大津市
和邇中528
座標
外部リンク
国土交通省案内ページ
全国道の駅連絡会ページ
 
テンプレート プロジェクト道の駅

道の駅妹子の郷(みちのえき いもこのさと)は、滋賀県大津市にある国道161号琵琶湖西縦貫道路(湖西道路)の道の駅である。

湖西道路の和迩インターチェンジ(京都方面出入口)に併設されている。湖西道路区間では初めて開設された道の駅であるほか、同区間で唯一の休憩施設である。 敷地面積は約13,600m2[9]、水や毛布などを備蓄する防災倉庫を併設しており[13]、災害時の一時避難所としての機能もある[9]

大津市と国土交通省により事業費約16億5千万円で事業化され[9][13]、2015年(平成27年)8月4日に開業した[10]。 大津市が設置した「地域振興施設」には農産物など地元産品の販売所のほかレストランなどが入居しており[9]、平日1,700人・休日3,400人の来場を見込んでいる[14][15]

名称は公募により選定され[16]、由来は小野妹子からで[13]、出身地(小野地区)が近くにある。

管理団体編集

志賀観光協会や大津北商工会などが出資する企業[17][18]。非公募で選定され、指定期間は開業時から2018年3月までとなっている。[19]

施設編集

  • 駐車場 : 119台(内訳 : 普通車87台、大型車28台、身障者用4台)[12]
  • トイレ(内訳 : 男性用10器、女性用10器、身障者用2器)[12] ※国交省が設置[20]
  • 情報提供施設 (9:00 - 19:00)[21] ※国交省が設置[20]
  • 地域振興施設 : 大津市が設置した[13]木造地上1階・地下1階で床面積約1,200m2の建物[9]
    • 特産品販売所 (9:00 - 17:00)[21]
    • レストラン (9:00 - 19:00)[21]
    • コンビニエンスストア(ローソン - 24時間営業[13]

周辺編集

編集

注釈編集

  1. ^ 第1駐車場の設置主体および、第2駐車場の数値が上記に含まれるか否かについては出典に記載が無い。

脚注編集

  1. ^ a b “地域の発展へ期待と夢 湖西道路開通祝う”. 京都新聞(京都新聞社). (1986年6月26日)
  2. ^ a b “高過ぎる湖西道路通行料 わずか13キロが600円も 3〜4年間は据き置き方針 …110番”. 産経新聞 (産経新聞社). (1986年10月17日)
  3. ^ a b “湖西道路和邇IC 20日から通行止め 仰木雄琴も”. 京都新聞(京都新聞社). (2006年2月17日)
  4. ^ “湖西道路無料化 県負担30億円に 合併推進債で半額軽減”. 京都新聞(京都新聞社). (2004年12月16日)
  5. ^ “周辺新たな渋滞の声 湖西道路10月までに無料開放”. 読売新聞(読売新聞社). (2005年4月11日)
  6. ^ “湖西道路 初日から無料化効果 ドライバーら歓迎 利用車込み合う”. 京都新聞(京都新聞社). (2005年8月2日)
  7. ^ a b “上下線とも出入り口整備 国交省要望受け改良へ 湖西道路・和邇IC”. 京都新聞(京都新聞社). (2007年1月25日)
  8. ^ [1] - "和邇インターチェンジの高島方面ランプが平成21年3月30日15時に開通します 。【PDF:1.13MB】"国土交通省 近畿地方整備局 滋賀国道事務所
  9. ^ a b c d e f g “1頭買い近江牛…滋賀の食満喫 道の駅「妹子の郷」、8月開設”. 京都新聞(京都新聞社). (2015年7月7日)
  10. ^ a b c “「妹子の郷」元気に開業 大津の道の駅 地元園児、歌声で祝福”. 京都新聞(京都新聞社). (2015年8月5日)
  11. ^ “妹子の郷など道の駅に登録 国交省、16施設”.京都新聞(京都新聞社). (2014年4月5日)
  12. ^ a b c 新たに「道の駅」を4駅登録 ~近畿地方整備局管内では124駅に!~ - 国土交通省近畿地方整備局(2014年4月4日付、2015年7月31日閲覧)
  13. ^ a b c d e “和邇ICにあす道の駅オープン 「妹子の郷(いもこのさと)」”. 読売新聞(読売新聞社). (2015年8月3日)
  14. ^ 道の駅:「妹子の郷」来年8月開業 大津市が概要発表 特産品売り場やコンビニ /滋賀 - 毎日新聞(2014年10月28日付、2015年7月31日閲覧)
  15. ^ 湖西道路に道の駅「妹子の郷」 大津、4日オープン - 京都新聞(2015年7月30日付、同月31日閲覧) ※冒頭文全体に対する出典。
  16. ^ 『広報おおつ』 No.1253 (大津市、2014年4月15日発行)
  17. ^ 1頭買い近江牛…滋賀の食満喫 道の駅「妹子の郷」、8月開設 - 京都新聞(2015年7月7日付、同月31日閲覧)
  18. ^ 大津北商工会について(ご挨拶) - 大津北商工会(2015年7月31日閲覧)
  19. ^ 指定管理者制度導入状況について - 大津市(2015年4月1日付、同年7月31日閲覧)
  20. ^ a b c 道の駅施設資料 - 大津市(2015年7月8日付リリース添付、同月31日閲覧)
  21. ^ a b c 外部リンク「道の駅公式ホームページ」より。(2015年7月30日閲覧)
[ヘルプ]

関連項目編集

外部リンク編集