哀帝(あいてい)は、東晋の第6代皇帝。諱は、字は千齢。第3代皇帝成帝の長男。

哀帝 司馬丕
東晋
第6代皇帝
JinAi.jpg
王朝 東晋
在位期間 升平5年5月25日 - 興寧3年2月22日
361年7月13日 - 365年3月30日
都城 建康
姓・諱 司馬丕
千齢
諡号 哀皇帝
生年 咸康7年(341年
没年 興寧3年2月22日
365年3月30日
成帝
周貴人
后妃 哀靖皇后王氏
陵墓 安平陵
年号 隆和 : 362年 - 363年
興寧 : 363年 - 365年

生涯編集

成帝が崩御した際、わずか2歳であった。当時、外戚の庾冰は「国難の時期に幼君は相応しくない」という理由で司馬丕の帝位承継を遮り、叔父の康帝が代わりに即位した[1]

咸康8年(342年)、琅邪王に封じられ、永和元年(345年)に散騎常侍となった。永和12年(356年)、中軍将軍が加わり、升平3年(359年)に驃騎将軍を拝命された[2]

升平5年(361年)、従弟の穆帝が後嗣なく崩御すると、褚太后の命により即位。しかし、成漢征討や洛陽奪回の功勲者桓温と皇室の長老であり大叔父の会稽王司馬昱が実権を握っており、哀帝自身は傀儡同然であった。そのためか、政務は顧みないまま仏法を好み、不老長寿を求める長生術に没頭した[3]。ついには丹薬の乱用による日常生活が不可能になった結果、興寧2年(364年)に褚太后が再び摂政として臨んだ[2]。興寧3年(365年)正月、皇后王氏と死別し、哀帝も同年2月に享年25歳で中毒死する。

弟の司馬奕が帝位を継いだ。

宗室編集

東晋王朝系図】(編集
  • 太字は皇帝(追贈含む)、数字は即位順。
 
 
 
 
 
 
 
 
(追)宣帝
司馬懿
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(追)景帝
司馬師
 
(追)文帝
司馬昭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
琅邪王
司馬伷
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(西1)武帝
司馬炎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
琅邪王
司馬覲
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(西2)恵帝
司馬衷
 
呉王
司馬晏
 
(西3)懐帝
司馬熾
 
 
 
 
 
(1)元帝
司馬睿
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(西4)愍帝
司馬鄴
 
 
 
 
 
(2)明帝
司馬紹
 
 
 
 
 
(8)簡文帝
司馬昱
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(3)成帝
司馬衍
 
(4)康帝
司馬岳
 
(9)孝武帝
司馬曜
 
 
 
 
 
会稽王
司馬道子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(6)哀帝
司馬丕
 
(7)廃帝
司馬奕
 
(5)穆帝
司馬聃
 
(10)安帝
司馬徳宗
 
(11)恭帝
司馬徳文
 
会稽王世子
司馬元顕


后妃編集

子女編集

  • 1人の男子(庶出、363年 - ?)

脚注編集

  1. ^ 晋書』巻7, 康帝紀
  2. ^ a b 『晋書』巻8, 哀帝紀
  3. ^ 高僧伝』巻4, 竺道潜・支遁伝

関連項目編集