メインメニューを開く

品川 氏章(しながわ うじあき、1845年7月28日弘化2年6月24日[1] - 1889年(明治22年)9月6日[2])は、江戸時代末期から明治時代初期の人物。長府藩士報国隊士及び陸軍軍人栄典正四位勲二等。最終階級は陸軍少将[2]

目次

来歴編集

長門国長府藩士清水家の子として生まれる。幼名は省吾。のち品川弥二郎の養子となり、品川姓を名乗る。

養父とともに報国隊結成に参画し、のちに軍監となる。

慶応2年(1866年)6月、高杉晋作山縣有朋らの率いる長州藩に加わり、小倉戦争に参加。慶応3年(1867年)10月、藩主元周の密命を受けて上洛。同年12月、倒幕の密勅が長州・薩摩に下されると帰藩し、北越戦争にも報国隊軍監として転戦。藩権大参事、のち大属となる。

1871年(明治4年)の廃藩置県後、兵部省出仕。中佐であった1877年(明治10年)3月、西南戦争に第4旅団参謀長として出征[3]。以降も工兵局長、東京鎮台軍法会議判士と出世を重ね、1885年(明治18年)5月、工兵会議議長になると同時に陸軍少将に累進。

1886年(明治19年)3月、歩兵第10旅団長に任じられるが、1889年(明治22年)7月ごろより病を患う。

同年9月6日、松山の任所にて没。享年45。墓は功山寺にあり。

年譜編集

  • 明治2年11月28日 - 北越征討の功により藩より年金30円下賜[2]
  • 明治3年
    • 7月10日 - 豊浦藩権大参事[2]
    • 10月18日 - 免職[2]
    • 10月19日 - 大属[2]
  • 明治4年
    • 8月23日 - 兵部省六等出仕[2]
    • 10月 - 鎮西鎮台第一分営出張[2]
    • 11月9日 - 陸軍中佐[2]
  • 1872年(明治5年)
    • 3月 - 鎮西鎮台第一分営大弐心得在勤[2]
  • 1873年(明治6年)
    • 4月13日 - 広島鎮台司令長官御用取計[2]
    • 5月8日 - 武官等級改正に伴い五等官[2]
    • 11月17日 - 帰京仰付但陸軍大佐高橋勝政と交代の事[2]
  • 1874年(明治7年)
    • 9月28日 - 第3局分課[2]
  • 1875年(明治8年)
    • 1月25日 - 工兵第3方面提理[2]
  • 1877年(明治10年)
    • 3月5日 - 九州出張[2]
    • 3月14日 - 第4旅団参謀長[2]
    • 4月9日 - 征討軍団参謀[2]
    • 4月13日 - 別働第5旅団参謀長[2]
    • 4月25日 - 出征第4旅団参謀長長[2]
    • 10月26日 - 名古屋に凱旋[2]
    • 11月 - 旧第4旅団残務取調として出張[2]
    • 12月15日 - 勲三等の年金260円下賜[2]
  • 1878年(明治11年)
    • 4月15日 - 大阪工兵第4方面本署提理[2]
    • 6月12日 - 第2園区事務取調として出張[2]
    • 11月21日 - 陸軍大佐[2]
  • 1882年(明治15年)
    • 3月1日 - 工兵局長[2]
  • 1884年(明治17年)
    • 2月21日 - 東京鎮台軍法会議判士[2]
    • 7月1日 - 同判士免職[2]
  • 1885年(明治18年)
    • 3月23日 - 兼輜重局長[2]
    • 5月21日 - 陸軍少将、工兵会議議長[2]
    • 8月22日 - 国防会議議員[2]
    • 12月2日 - 陸軍大学学生学期末大試験及び再審検査委員長[2]
  • 1886年(明治19年)
    • 3月16日 - 歩兵第10旅団長[2]
  • 1889年(明治22年)

栄典・授章・授賞編集

位階
勲等

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『幕末維新大人名事典』上巻、627頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq 『官報』第1861号「彙報 - 官庁事項 - 品川陸軍少将履歴」1889年9月10日。
  3. ^ 第4旅団本営人員表Ref:C09085008200 陸軍省-西南戦役第4旅団-M10-4-407(所蔵館:防衛省防衛研究所)
  4. ^ 『官報』第621号「叙任及辞令」1885年7月27日。
  5. ^ 『官報』第1173号「叙任及辞令」1887年5月30日。


参考文献編集

  • 大植四郎編『明治過去帳』第4版、東京美術、1991年。ISBN 4-8087-0119-7。285ページ。
  • 安岡昭男編『幕末維新大人名事典』上巻、新人物往来社、2010年。

外部リンク編集

軍職
先代:
今井兼利
工兵会議議長
第3代:1885年5月21日 - 1886年3月16日
次代:
別役成義(心得)