メインメニューを開く

別役 成義(べっちゃく なりよし、1844年11月10日天保15年10月1日) - 1905年(明治38年)3月27日)は、土佐藩士迅衝隊士。日本の陸軍軍人。栄典は正四位勲二等。最終階級は陸軍少将。幼名は柳馬、号は能山。

別役 成義
べっちゃく なりよし
Commanders of the Kumamoto garrison.jpg
熊本鎮台所属時(前列右端)
生誕 1844年11月10日
Japanese crest Tosa kasiwa.svg 土佐国土佐藩
死没 (1905-03-27) 1905年3月27日(60歳没)
日本の旗 日本東京府
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1872 - 1890
最終階級 少将
テンプレートを表示

目次

来歴編集

1844年(天保15年)、土佐国土佐郡鴨部村能茶山(現在の高知市)にて別役八十平成照の子として生まれる。号の「能山」は故郷の能茶山から取っている。

戊辰の役には迅衝隊に所属し従軍。1872年(明治5年)、藩兵となって上京し、高知藩歩騎砲工四科兵の工兵を創意訓練する。

西南戦争では熊本城に籠城。1879年(明治12年)4月、工兵第5方面提理となり、1883年(明治16年)2月、工兵第4方面提理に異動。1884年(明治17年)10月、工兵大佐に昇進。1886年(明治19年)3月、工兵会議議長心得に就任。1887年(明治20年)6月、工兵監となり、1890年(明治23年)8月、陸軍少将へ進級と同時に予備役編入となった。

日清戦争のときには召集され、1894年(明治27年)8月、留守歩兵第5旅団長兼留守第3師団長事務取扱に就任し、1895年(明治28年)6月に召集解除。北清戦争時にも召集され留守旅団長になる[1]。1905年3月、東京牛込鷹匠町の自宅において死去。享年62。死後、その功績を以てして正四位に叙せられた。

詩、書画、刀剣を好み、特に鑑刀においては宮内省御剣係をつとめる刀剣界の重鎮だった。

親族編集

家に男子がいなかったため、矢野初太郎の三男友顕を養子に迎え跡継ぎとした。また二女幸重は森雅守砲兵少佐に嫁ぐが、森はイタリアで客死した[2]

栄典編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 東京朝日新聞1900年9月3日3面「健啖将軍」に「第五師団留守師団長」とある。
  2. ^ 『会津会雑誌第37号』小松八四郎「森梧六君」(森梧六は雅守の弟で砲兵大佐。)
  3. ^ 『官報』第1933号「叙任及辞令」1889年12月6日。
  4. ^ 『官報』第3644号「叙任及辞令」1895年8月21日。
  5. ^ 『官報』第5565号「敍任及辭令」1902年1月24日。

参考文献編集

関連項目編集