哨戒艇25号ローマ字PB No.25, PB-925)は、海上自衛隊哨戒艇19号型哨戒艇の7番艇。

哨戒艇25号
基本情報
建造所 IHIクラフト横浜工場
運用者  海上自衛隊
艦歴
発注 1972年
起工 1972年12月1日
進水 1973年2月20日
就役 1973年3月29日
除籍 1998年5月7日
要目
排水量 基準 18トン
満載 20トン
長さ 17.0m
4.3m
深さ 2.2m
吃水 0.7m
機関 いすずマリンV170T-MF8RC型 ディーゼルエンジン × 2基
出力 760PS
推進器 スクリュープロペラ × 2軸
速力 最大速 20ノット
乗員 6名
兵装 20mm単装機銃 × 1基
※後に12.7mm単装機銃に換装
レーダー OPS-29 対水上捜索用
テンプレートを表示

艦歴 編集

「哨戒艇25号」は、昭和47年度計画18t型哨戒艇927号艇として、IHIクラフト横浜工場で1972年12月1日に起工され、1973年2月20日に進水、1973年3月29日に就役し、横須賀地方隊横須賀防備隊第1港湾哨戒隊に編入された。

1987年7月1日地方隊改編により横須賀防備隊が廃止となり、第1港湾哨戒隊が横須賀警備隊隷下に編成替え。

1992年10月20日、第1港湾哨戒隊が呉地方隊阪神基地隊隷下に編成替え。

1998年5月7日、除籍。

参考文献 編集

  • 石橋孝夫『海上自衛隊全艦船 1952-2002』(並木書房、2002年)
  • 世界の艦船 増刊第66集 海上自衛隊全艦艇史』(海人社、2004年)
  • 『世界の艦船 海上自衛隊木造掃海艇建造史』(海人社、2010年)

関連項目 編集