商学科(しょうがっか)とは大学短期大学に置かれる学科の一つであり商学教育研究することを目的としている。
設置形態は商学部内に商学科が置かれているところから経済学部経営学部などの違った名称の学部内に置かれているところまで大学によって様々である。
1873年(明治6年)6月に福澤諭吉が日本初の簿記書である『帳合の法』初編を出版し、簿記講習所を設立させ、近代日本の商取引に簿記が導入された。その後、商法講習所三菱商業学校等の官民の教育機関が商学教育の主軸となった。四年制大学や短期大学で学科が現存している大学もあるが、経営学科などの他学科への改組により募集停止となった大学も数多く見られる。一方、大阪商業大学のように他学科からの改組もある。

商学科を置いている大学編集

商学科を置いている短期大学編集

商学科を置いていた大学編集

関連項目編集