メインメニューを開く

概観編集

大学全体編集

学校法人文理学園が経営する。なお、「文理」と称するが、文学部や理学部は設置されていない。

また、新潟県新潟市西区にある日本文理高等学校とは名称が似ているものの別法人であり、無関係である。

建学の精神編集

「産学一致」

教育理念編集

建学の精神である「産学一致」に加え「人間力の育成」、「社会・地域貢献」

教育および研究編集

近年は人間力教育に力を注いでおり、「人間力育成センター」を学内に設置している。

沿革編集

  • 1947年 佐伯徒弟養成所設立
  • 1955年
    • 3月 学校法人佐伯産業高等学校の設立認可
    • 4月 佐伯産業高等学校(建築科・林業科・造船科・家政科)開校
  • 1964年3月 学校法人佐伯産業高等学校を学校法人佐伯学園と改称
  • 1965年
  • 1967年
    • 1月 大分工業大学(工学部 機械工学科・電気工学科・土木工学科・建築学科)設置認可
    • 4月 大分工業大学(工学部 機械工学科・電気工学科・土木工学科・建築学科)開学
    • 12月 工学部に経営工学科、工業化学科の設置認可
  • 1968年4月 工学部に経営工学科、工業化学科を増設
  • 1971年6月 環境科学研究所を設置
  • 1974年
    • 1月 工学部に航空工学科の設置認可
    • 4月 工学部に航空工学科を増設
    • 12月 工学部に船舶工学科の設置認可
  • 1975年4月 工学部に船舶工学科を増設
  • 1978年4月 学校法人事務所を大分県佐伯市から大分県大分市へ移転
  • 1982年
    • 1月 商経学部(商学科・経済学科)の設置認可
    • 4月 学校法人佐伯学園を学校法人日本文理大学、大分工業大学を日本文理大学、佐伯高等学校を日本文理大学附属高等学校と改称。商経学部(商学科・経済学科)設置
  • 1984年
    • 3月 日本文理大学附属日本語専門学院の設置認可
    • 4月 日本文理大学附属日本語専門学院の開設
  • 1987年
    • 1月 海洋工学実験場を設置
    • 4月 太平洋地域研究所を設置
  • 1991年4月 学校法人日本文理大学を学校法人文理学園と改称
  • 1992年4月 日本文理大学に別科日本語課程を開設
  • 1993年 大学敷地内にキャラハン邸中津市から移設
  • 2001年
    • 5月 工学部に知能機械システム工学科、電気・電子工学科、建築都市工学科、建築デザイン学科、環境マテリアル学科、航空宇宙工学科の設置認可
    • 8月 工学部に情報メディア学科の設置認可
  • 2002年
    • 4月 工学部に知能機械システム工学科、電気・電子工学科、建築都市工学科、建築デザイン学科、環境マテリアル学科、航空宇宙工学科、情報メディア学科を設置
    • 7月 経営経済学部経営経済学科の設置認可
    • 12月 大学院工学研究科航空電子機械工学専攻の設置認可
  • 2003年
    • 4月 経営経済学部経営経済学科、大学院工学研究科航空電子機械工学専攻を設置
    • 8月 大学院工学研究科環境情報学専攻の届出
    • 10月 大分県大野郡大野町(現・大分県豊後大野市)に航空宇宙工学科県央空港エクステンションキャンパス竣工
  • 2004年4月 大学院工学研究科に環境情報学専攻を設置
  • 2006年5月 工学部に建築学科設置の届出
  • 2007年4月
    • 工学部に建築学科を設置
    • 工学部に機械電気工学科の設置届出
  • 2008年4月 工学部に機械電気工学科を設置

基礎データ編集

所在地編集

象徴編集

教育および研究編集

組織編集

学部編集

大学院編集

  • 工学研究科
    • 航空電子機械工学専攻(修士課程)
    • 環境情報学専攻(修士課程)

別科編集

付属機関編集

  • マイクロ流体技術研究所
  • 人間力育成センター
  • 産官学民連携推進センター
  • NBU情報センター
  • エンジニアリングリサーチセンター(ERC)
  • 図書館

教育編集

教員数および学生数編集

教員数および学生数(2018年5月現在)
工学部 経営経済学部 学部合計
専任教員数(A) 48 33 81
入学定員(2018年) 260 300 560
収容定員 1040 1200 2240
在籍学生数(B) 991 1290 2281
教員一人当たりの学生数(B/A) 20.6 39.1 28.2

データは、大学公開情報から引用[1][2]
なお上記の表のうち、専任教員数の合計は学部に属さない専任教員を含まない。

評価編集

学生生活編集

クラブ・サークル活動編集

日本文理大学では、クラブ活動を「学問と同様に人間力を高めるための重要な位置づけ」としている。学生の自治組織として学友会があり、各クラブは学友会に所属して活動している。学友会は強化クラブを指定し、指導や活動環境面、財政面での支援体制を整えている。特に体育会系のクラブ活動が盛んで、強化クラブはすべて体育会系のクラブである。

硬式野球部編集

2003年、第52回全日本大学野球選手権大会で初優勝。これは九州地区の大学としても初の快挙であった。

サッカー部編集

地元Jリーグチームの大分トリニータと提携している。2018年、2019年、総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント出場。

チアリーディング部編集

ラグビー部編集

九州学生ラグビーフットボールリーグに所属。第59回全国地区対抗大学ラグビーフットボール大会に出場。

その他のクラブ・サークル編集

鳥人間クラブは、鳥人間コンテスト選手権大会に出場し、2003年に248.99m、2006年には235.55m、グアム国際大会では準優勝の成績を残している。

学園祭編集

学園祭は「一木祭」と呼ばれ、毎年10月に行われる。

大学関係者と組織編集

大学関係者組織編集

  • 文理学園校友会 - 学園全体のOB・OG会。
  • 日本文理大学後援会 - 在学生保護者の団体。

大学関係者一覧編集

施設編集

キャンパス編集

文化財編集

対外関係編集

社会との関わり編集

附属学校編集

脚注編集

  1. ^ 教員構成表
  2. ^ 収容定員及び在学者数等
  3. ^ 放送大学 平成28年度 単位互換案内
  4. ^ 2014年3月15日に「平成27年4月入学生からの募集を停止」する旨を発表[1](2015年8月10日確認)。
  5. ^ ホームページにて公開されている『平成26年度 事業報告書』[2]の7ページに「平成4年休園」との記載あり(2015年8月10日確認)。

関連項目編集

外部リンク編集