メインメニューを開く

喜田 純鈴(きた すみれ、2001年1月11日 - )は日本新体操選手[2]

喜田 純鈴 Gymnastics (artistic) pictogram.svg
選手情報
フルネーム きた すみれ
国籍 日本
生年月日 (2001年-1月-11日) 2001年1月11日
生誕地 香川県
身長 160cm
種目 新体操
代表 フェアリージャパン
所属 エンジェルRGカガワ日中
学歴 高松中央高等学校
コーチ 山崎浩子横地愛、劉宇[1]
テンプレートを表示

人物編集

  • 2005年、両親が新体操競技経験者である事から、世界選手権出場経験を持つ中国出身の劉宇が指導する新体操クラブ「エンジェルRGカガワ日中」に入り、新体操を始める[3]。小学3年生時から全日本クラブチャイルド選手権で3連覇[4]
  • 2013年、坂出市立坂出中学校1年生時に出場した全日本新体操選手権大会の個人総合で準優勝、種目別フープとクラブで史上最年少優勝を達成。日本体操協会から強化指定選手に指定される[4]
  • 2017年、13期フェアリージャパン(新体操日本代表)に個人選手として選ばれる[2]。同年、世界新体操選手権初出場で決勝に進出した。

競技成績編集

2013年編集

2014年編集

2015年編集

2017年編集

2018年編集

  • 全日本新体操選手権 種目別 総合1位(70.800点)[12]

メディア出演編集

2015年編集

番組名 放送局 放送日時
ミライ☆モンスター フジテレビ 4月19日[2]

2016年編集

番組名 放送局 放送日時
上田晋也の日本メダル話 日本テレビ 1月8日(9日未明)[3]

2017年編集

番組名 放送局 放送日時
アスリートの魂 NHK 7月22日[4]

脚注編集

  1. ^ リオへ東京へ 新体操・喜田純鈴選手 朝日新聞 2016年1月3日
  2. ^ a b 個人選手”. フェアリージャパン サポーターズ. 2017年5月31日閲覧。
  3. ^ 日テレ★ミライ 上田晋也の日本メダル話 2016年1月9日放送
  4. ^ a b 目指せ東京五輪の星:四国の若きアスリートたち 栄冠へ飛躍、輝ける10代(毎日新聞香川版2014年1月1日)
  5. ^ 12歳・喜田が最年少日本一 全日本新体操最終日 スポーツニッポン 2013年11月24日
  6. ^ 第66回全日本新体操選手権大会
  7. ^ 第31回全日本ジュニア新体操選手権
  8. ^ 第32回全日本ジュニア新体操選手権
  9. ^ 第33回全日本ジュニア新体操選手権
  10. ^ 皆川夏穂2位、喜田純鈴4位 新体操アジア選手権 日刊スポーツ 2017年6月26日
  11. ^ 新体操、皆川日本最高に並ぶ5位 世界選手権、42年ぶり JOC 2017年9月2日
  12. ^ 新体操、喜田純鈴が個人総合初V”. 共同通信. 2018年10月27日閲覧。

外部リンク編集