メインメニューを開く

喜連川 昭氏(きつれがわ あきうじ)は、江戸時代前期の大名下野喜連川藩の第3代藩主。

 
喜連川昭氏
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 寛永19年10月24日1642年12月15日
死没 正徳3年11月12日1713年12月29日
改名 梅千代(幼名)、昭氏
戒名 令徳院殿孝山恭公大居士
墓所 栃木県さくら市龍光寺
官位 左馬頭右兵衛督
幕府 江戸幕府
主君 徳川家光家綱綱吉家宣家継
下野喜連川藩
氏族 喜連川家
父母 父:喜連川尊信、母:側室(一色氏久の曾孫)
兄弟 昭氏氏信
正室:桜井松平忠倶の養女(織田信勝の娘)
※忠倶の実の娘とも
菊千代、娘(喜連川氏春の正室)
養子:氏信氏春

生涯編集

寛永19年(1642年)10月24日、第2代藩主・尊信の長男として生まれる。足利義昭で絶えた足利氏|宗家(将軍家)を継承する者として、その1字をとって昭氏と名乗った。正保4年(1647年)、藩の主導権をめぐって藩内で喜連川騒動が発生し、慶安元年(1648年)、父尊信の隠居により跡を継ぐが、幼少のために父と後見人の榊原忠次(松平忠次)の補佐を受けた。正徳3年(1713年)11月12日に死去した。享年72。

男児が早世し、養嗣子にした弟の氏信も早世したため、婿養子氏春が跡を継いだ。