この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

榊原 忠次(さかきばら ただつぐ)/大須賀 忠次(おおすか ただつぐ)は、江戸時代前期の譜代大名大政参与。始め大須賀家を継ぎ、後に榊原氏を継いだ。遠江国横須賀藩主、上野国館林藩主、陸奥国白河藩主、播磨国姫路藩主。官位従四位下式部大輔侍従。榊原家3代当主。

 
榊原忠次/大須賀忠次
Sakakibara Tadatsugu.jpg
榊原忠次像
時代 江戸時代前期
生誕 慶長10年(1605年
死没 寛文5年3月29日1665年5月14日
改名 国丸または国千代(幼名)、大須賀忠次、榊原忠次
別名 五郎左衛門、松平忠次
戒名 浄晃院天誉長山
墓所 兵庫県姫路市増位山随願寺
官位 従五位下式部大輔従四位下侍従
幕府 江戸幕府 大政参与
主君 徳川家康秀忠家光家綱
遠江横須賀藩主、上野館林藩主、陸奥白河藩主、播磨姫路藩
氏族 大須賀氏榊原氏
父母 大須賀忠政徳川家康養女祥室院
黒田長政二女徳姫寺沢広高娘久昌院
小平太、万、政房
テンプレートを表示

生涯編集

大須賀忠政の長男で、徳川四天王榊原康政の孫である。母が徳川家康の姪であるため、忠次1代に限り終身松平姓を許される[1]

父の死により3歳で祖母の生家である大須賀家を相続し、遠江横須賀藩で6万を領した。家康の配慮により、安藤直次が後見人とされている。その後、叔父に当たる榊原家当主榊原康勝に子がなく、徳川四天王の血統の断絶を懸念した家康の命により、忠次が10歳で榊原氏館林藩10万石を相続した。一説には、忠次自身の希望で榊原家相続となったともされる。これにより、大名大須賀氏は絶家となった。

実は榊原家には、康勝の庶子の勝政がいたが、3人の家老の策謀により秘匿されていた。後に露見し、3家老は流罪になった。勝政(と庶弟)の子孫は旗本として取り立てられ、後に忠次子孫の本家に2度も養子を出す。この養子の一人で、旗本家の次男に産まれ、紆余曲折の末に榊原本家を継いだ榊原政岑は旗本の次男だった若き頃、父の命により大須賀高胤と名乗っている。思惑は多々あったかもしれないが、榊原家は「大須賀」を忘れていなかったということである。 

大須賀氏の領地は榊原家に吸収されたりはせず、幕府に返上となった。家臣団も解雇、家は絶家となったが、一部の家臣は3割加増の上で榊原氏の家臣に編入されている[2][3][4]。また、忠次の擁立に功があった榊原家の3人の家老は江戸幕府より「御付人」(御附家老に相当する)に任じられてそれぞれ1千石を与えられ、榊原家からの知行とは別に子孫に継承することが許され、幕末には幕府が旗本・御家人の知行から軍役金を徴収しようとしたときに彼らの身分を巡って幕府の勘定所と榊原家(当時は越後国高田藩)間で論争になっている[2]

正保4年12月12日1648年1月6日)、奥平昌能と共に幼年の徳川家綱の傅役を仰せ付けられた。その後、白河藩14万石に転封、更に姫路藩15万石に国替となり、寛文3年(1663年)には保科正之の推挙により、井伊直孝の死後、幕府の老職(大政参与)に迎えられた。

万治2年(1659年)、現在の加古川市東神吉町から米田町にかけての加古川右岸に「升田堤」という堤防を構築し、それまで2つに分かれていた升田-船頭間の川の流れを1つにする流路改変工事を実施している。

姫路では新田開発を指揮するかたわら、和歌百人一首を嗜んだ。

 
榊原忠次の法号を記した法名軸

榊原忠次の墓所編集

増位山随願寺にある榊原忠次の墓所。1665年に子の政房によって建てられ、面積はおよそ1100m2あり、彼の事跡を刻んだ碑文は幕府の儒学者である林家林鵞峰によって作成されている[5]

経歴編集

官位位階編集

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 村川浩平「松平氏下賜」『日本近世武家政権論』(近代文芸社、2000年) ISBN 4-8231-0528-1
  2. ^ a b 小宮山敏和「榊原家家臣団の形成過程と幕藩体制」『譜代大名の創出と幕藩体制』(吉川弘文館、2015年) ISBN 978-4-642-03468-5
  3. ^ この3割は大須賀6万石が榊原10万石になったのとほぼ同等である。
  4. ^ 忠次の相続時、幼少であるために大須賀康高の弟で久野城主の大須賀康胤が後見となったが、これと家臣団が対立し、横須賀七人衆などの多くの家臣が去ったとも伝わる。その他、多くの家臣が幕府の指示により紀州徳川家に編入された。
  5. ^ 墓所唐門横にある案内板より。

外部リンク編集