嘉定府(かていふ)は、中国にかつて存在した宋代から民国初年にかけて、現在の四川省楽山市一帯に設置された。

概要編集

1196年慶元2年)、南宋により嘉州が嘉定府に昇格した。嘉定府は成都府路に属し、竜游峨眉洪雅夾江犍為の5県と豊遠監を管轄した[1]

1276年至元13年)、により嘉定府は嘉定府路総管府と改められた。嘉定府路は四川等処行中書省に属し、録事司と直属の竜游・峨眉・夾江・犍為の4県と眉州に属する彭山青神の2県と邛州に属する大邑県、合わせて1司2州7県を管轄した[2]

1371年洪武4年)、により嘉定府路は嘉定府と改められた。1376年(洪武9年)、嘉定府は嘉定州に降格した。嘉定州は四川省に属し、峨眉・洪雅・夾江・犍為・威遠の6県を管轄した[3]

1673年康熙12年)、により嘉定州は嘉定府に昇格した。嘉定府は四川省に属し、楽山・峨眉・洪雅・夾江・犍為・栄・威遠の7県と峨辺庁を管轄した[4]

1913年中華民国により嘉定府は廃止された。

脚注編集

  1. ^ 宋史』地理志五
  2. ^ 元史』地理志三
  3. ^ 明史』地理志四
  4. ^ 清史稿』地理志十六