メインメニューを開く

四元 康祐(よつもと やすひろ、1959年8月21日[1]- )は、日本の詩人

大阪府寝屋川市生まれ。中学・高校を広島学院の寮で過ごす。1982年上智大学文学部英文学科卒業。1983年結婚。1986年、製薬会社の駐在員としてアメリカに移住。1990年ペンシルベニア大学経営学修士号取得。1991年第1詩集『笑うバグ』を刊行。1994年ドイツ移住。ミュンヘン郊外在住。

ビジネスマンとして長く欧米暮らしを経験し、日本語を話す機会の限られた生活を送った。経済・会計用語を駆使する斬新な作風であるが、ユーモアも発揮されている点が特徴。

2015年には初の小説『偽詩人の世にも奇妙な栄光』を刊行し、第37回野間文芸新人賞候補に挙がる。

目次

受賞歴編集

著書編集

  • 『笑うバグ 詩集』花神社 1991
  • 『世界中年会議』思潮社 2002
  • 『噤みの午後』思潮社 2003
  • 『ゴールデンアワー』新潮社 2004
  • 『四元康祐詩集』思潮社 現代詩文庫 2005 解説:穂村弘
  • 『妻の右舷』集英社 2006
  • 『言語ジャック』思潮社 2010
  • 谷川俊太郎学 言葉VS沈黙』思潮社 2011
  • 『日本語の虜囚』思潮社 2012
  • 『偽詩人の世にも奇妙な栄光』講談社 2015
  • 『現代ニッポン詩日記』澪標 2015
  • 『詩人たちよ!』思潮社 2015
  • 『小説』思潮社 2017
  • 『単調にぼたぼたと、がさつで粗暴に』思潮社 2017

共編著編集

翻訳編集

脚注編集

  1. ^ 『文藝年鑑』2016