メインメニューを開く

四冠馬(よんかんば、Quadruple Crown)とは、競馬において一定の条件を満たす4つの競走に優勝した競走馬のことである。定義は国によりさまざまであるが、三冠馬クラシック競走に加え古馬が相手になる大レースを制した際、牝馬がクラシック競走を4勝した場合に俗称として呼ばれることがある。

目次

日本編集

中央競馬編集

八大競走#完全制覇・記録を参照。

中央競馬クラシック三冠のほかに、グレード制導入以前は八大競走、導入後はGI級競走を勝利。

この定義での厳密な四冠馬はミスターシービー(1983年三冠 + 天皇賞〈秋〉)のみ。ただしナリタブライアン(1994年三冠 + 朝日杯3歳ステークス有馬記念)について朝日杯3歳ステークスを冠に含めず、四冠馬とすることもある。

戦前のセントライトをのぞくクラシック三冠馬はほかの八大競走もしくはGI級競走を少なくとも1つは勝っている(さらにミスターシービーをのぞけば2つ以上)。

牡馬が出走できる3歳馬限定GI競走として、日本にはクラシック三冠の他にNHKマイルカップが存在する。これと絡めて、クラシック競走をあと1つないし2つ勝利することを「変則二冠(三冠)」と呼ぶが、距離の大きく異なるNHKマイルカップと菊花賞の両方に出走する有力馬はまだいないためNHKマイルカップを含めた「3歳四冠」(出走可能な3歳馬限定競走の完全制覇)の概念は現在のところ存在しない。

なお、3歳牝馬に関しては中央競馬の規定にはないが事実上四冠体制であり(牝馬三冠 + 古馬混合のエリザベス女王杯)、2003年には牝馬三冠を達成したスティルインラブが四冠目に挑んだが、同期のアドマイヤグルーヴに惜敗、また、2010年にはアパパネが挑戦するも3着に敗れ四冠達成は出ていない。同じ年に秋華賞とエリザベス女王杯の両方を勝利した馬はいるものの、かつての中2週から中3週となったとはいえ秋華賞からは厳しいローテーションであり、2012年のジェンティルドンナや2018年のアーモンドアイのように牝馬三冠を達成しながらもエリザベス女王杯を回避し、ジャパンカップに向かったパターンもある。また三冠牝馬が古馬になってからヴィクトリアマイルやエリザベス女王杯を優勝した場合、牡馬の例に倣って四冠馬と呼ばれる可能性もある。

南関東公営競馬編集

南関東公営競馬ではサラブレッド系では南関東三冠のほかに東京大賞典を制した馬、アラブ系では南関東アラブ三冠のほかに全日本アラブ大賞典を制した馬とされる。ただし現在はアラブ系競走は廃止されている。

サラブレッド系では三冠馬7頭のうちハツシバオーサンオーイロジータの3頭が達成、アラブ系では三冠馬8頭のうちホクトライデントチノミネフジの2頭が達成している。この5頭はいずれも3歳時(旧表記4歳時)での達成である。牝馬のロジータはこのほか浦和競馬場の桜花賞も制しているため「五冠馬」ともいわれる。

このほか、1999年から2001年には南関東三冠 + ジャパンダートダービーという事実上の四冠体系だったこともあり、2001年にトーシンブリザードがこの四冠を達成している。

岩手競馬編集

2007年に体系化された岩手三冠を制したセイントセーリングが馬インフルエンザの影響で地元馬限定競走となったダービーグランプリに四冠をかけて挑戦したが、同厩舎のハルサンヒコの2着に敗れ四冠達成とはならなかった。

アメリカ編集

三冠+トラヴァーズステークス

この4競走を制するとアメリカではスーパーフェクタと呼ばれる[1]

アルゼンチン編集

三冠 + 古馬が相手となるカルロスペレグリーニ大賞

  • Pippermint(1902年アルゼンチン三冠 + カルロスペレグリーニ大賞)
  • Old Man(同1893年)
  • Botafogo(同1917年)
  • Rico(同1922年)
  • Mineral(同1931年)
  • La Mission(1940年アルゼンチン牝馬三冠 + カルロスペレグリーニ大賞)
  • Yatasto(1951年アルゼンチン三冠 + カルロスペレグリーニ大賞)
  • Manantial(同1958年)
  • Forli(同1966年)
  • Telescopico(同1978年)

ウルグアイ編集

三冠 + 古馬が相手となるホセ・ペドロ・ラミレス大賞

  • Sisley(1923年ウルグアイ三冠 + ホセ・ペドロ・ラミレス大賞)
  • Romantico(同1938年)
  • Bizancio(同1951年)
  • Amodeo(同1988年)

牝馬によるクラシック4勝編集

クラシック競走、またはそれに相当する5競走のうち、4つを制した牝馬。

原理上は完全制覇となる五冠も可能だが、少なくとも主要な競馬開催国、および先進国においては達成されていない。最も近づいたのは1902年にイギリスのクラシックに参戦したセプター(ダービーのみ4着)である。イギリスでは、この馬以外にクラシック全出走を果たした馬はいない。

なお、英語圏でセプターについて言及される際にQuadruple Crownと言った表現が使われることが全く無いわけではないが稀で、クラシック4勝馬と呼ばれることが多い。また、フォルモサは同着の2000ギニーで決勝戦を辞退したため、単なる牝馬三冠馬として扱われる場合が殆どである。

また、スウェーデンのロスアードは、デンマークの四冠に加えてスウェーデンの二冠を達成しており(デニッシュ2000ギニーは不出走、ほかにスヴェンスクセントレジャーに出走したが敗北)、完全制覇ではないものの、合計でクラシック六冠にまで届いている。

出典編集

関連項目編集