メインメニューを開く

ダイヤモンドカップ

岩手県競馬組合が施行する地方競馬の重賞競走
  1. 競艇GI競走の1つで、競艇場の大規模な施設改善の完了を記念して開催されるダイヤモンドカップ競走のこと。
  2. 岩手県競馬組合が施行する競馬重賞競走のこと。本項ではこれについて説明する。
  3. 日本国のゴルフ大会についてはダイヤモンドカップゴルフ参照

ダイヤモンドカップ岩手県競馬組合が施行する地方競馬重賞競走である。以前の名称は岩手ダービー ダイヤモンドカップであったが2019年より現名称になった。正式名称は「水沢信用金庫賞 ダイヤモンドカップ」。

ダイヤモンドカップ
開催国 日本の旗 日本
主催者 岩手県競馬組合
競馬場 水沢競馬場
創設 1981年6月28日
2019年の情報
距離 ダート1600m
格付け M1[注 1]
賞金 1着賞金500万円
出走条件 サラブレッド系3歳、岩手所属
負担重量 定量(56kg、牝馬2kg減)
出典 [1]
テンプレートを表示

水沢信用金庫賞、一般社団法人JBC協会賞、岩手県知事賞、奥州市長賞、岩手日報社賞、開催執務委員長賞(2019年)[2]

概要編集

1981年に水沢競馬場のダート1800メートルで施行される4歳(旧表記)限定の重賞競走として創設されたが、1986年に格下げされ同年から1999年までは特別競走として施行された。2000年からは再び重賞に格上げされ、例年5月上旬に施行されるダート1600メートルの競走となり、春季の3歳マイル路線の目標競走となった。2007年よりダート2000mの競走で行われる。

歴代優勝馬には、カウンテスアップ1984年)・スイフトセイダイ1989年)・モリユウプリンス(1992年)・メイセイオペラ1997年)・バンケーティング(2001年)といった、のちに岩手競馬や全国のダート重賞競走で活躍した馬が名を連ねている。

2000年は岩手朝日テレビから優勝杯の提供を受け、名称を「IAT杯 ダイヤモンドカップ」として施行された。

2006年はダービーWeekが創設されたのに伴い競走名に岩手ダービーの冠が付与され、競走名が「岩手ダービー ダイヤモンドカップ」となった。また施行時期が6月上旬に移されジャパンダートダービー指定競走となった。なお岩手競馬には、不来方賞ダービーに相当する競走として存在している。

2007年に岩手めんこいテレビから優勝杯の提供を受け、名称を現在の「めんこいテレビ杯 岩手ダービーダイヤモンドカップ」に変更。なお、同年優勝馬の馬主に対して副賞として種牡馬の配合権利が贈られるようになる[3]ダービーWeek#スタリオン賞を参照)。

2016年に岩手競馬で重賞格付け制度が開始され、M1に格付けされた。

2019年に岩手3歳三冠競走の体系見直しに伴い、開催時期を8月に、また距離もダート1600mに短縮されることになった。これに伴い、岩手ダービーの冠は、2003年以来復活した東北優駿に付けられることになった。この年、レース名が「水沢信用金庫賞 ダイヤモンドカップ」となる。

本競走へのトライアル競走は2006年以前は「やまびこ賞」で、優勝馬に本競走への優先出走権が与えられていた。2007年から2012年までは盛岡競馬場のダート1800mのサラブレッド系3歳の岩手所属馬限定の別定重量のオープン特別競走「七時雨賞」で、上位2着までに本競走への優先出走権が与えられた。2013年以後は「やまびこ賞」が重賞(2016年にM3に格付け)に格上げされた上で再びトライアル競走となり、2013年は上位2着馬までに[4]、2014年からは2018年までは上位3着馬までに本競走の優先出走権が付与されている[5][6]

2019年現在HITスタリオンシリーズに指定されている。2019年の対象種牡馬はビーチパトロール

条件・賞金等(2019年)編集

出走条件
サラブレッド系3歳、岩手所属。
負担重量
定量。56kg、牝馬2kg減[1]
賞金等
賞金額は1着500万円、2着130万円、3着70万円、4着50万円、5着25万円で、着外手当は2万5000円[2]

歴代優勝馬編集

全てダートコースで施行。また、1994年までの盛岡は、旧盛岡競馬場(黄金競馬場)。

馬齢は2000年以前も現表記。

回数 施行日 競馬場 距離 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 1981年6月28日 水沢 1800m マルイチダンサー 牡3 盛岡 2:00.5 佐藤敏彦 阿部三郎
第2回 1982年6月27日 水沢 1800m スーパーライジン 牡3 水沢 2:00.1 菅原勲 菅原和治
第3回 1983年7月10日 水沢 1800m セニヨールキヨマツ 牡3 盛岡 1:58.2 佐藤浩一 小西善一郎 伊藤喜代松
第4回 1984年6月24日 水沢 1800m カウンテスアツプ 牡3 水沢 1:59.8 草地保隆 千葉忠一
第5回 1985年6月30日 水沢 1800m ミヤシロフアミリー 牡3 盛岡 2:01.0 佐藤浩一 小西善一郎
第6回 1986年11月16日 水沢 1800m ジヨージアセイコウ 牡3 水沢 1:57.8 村上昌幸 村上初男 熊谷留
第7回 1987年6月15日 盛岡 1800m セーヌボーイ 牡3 盛岡 1:55.6 佐藤雅彦 櫻田新一郎 小笠原江美子
第8回 1988年6月13日 盛岡 1800m イワトヨダイバ 牡3 水沢 1:56.2 佐藤浩一 酒井清 小川原尚美
第9回 1989年6月11日 盛岡 1800m スイフトセイダイ 牡3 盛岡 1:56.1 小竹清一 城地藤男 中村正子
第10回 1990年6月11日 盛岡 1800m カナンヒリュウ 牡3 水沢 2:00.0 石川榮 千葉博 角掛浅吉
第11回 1991年7月14日 盛岡 1800m キタカミカツヒメ 牝3 水沢 1:58.7 小林俊彦 小林長治 加藤秋實
第12回 1992年6月15日 盛岡 1800m モリユウプリンス 牡3 水沢 1:56.8 及川良春 千葉四美 森山恭子
第13回 1993年6月14日 水沢 1800m アンダーキング 牡3 水沢 1:55.9 千田知幸 村上昌幸 日山政藏
第14回 1994年7月10日 盛岡 1800m ハルチャンピオン 牡3 水沢 1:57.2 三野宮通 村上実 加賀邦彦
第15回 1995年5月14日 水沢 1900m サカモトテイオー 牡3 水沢 2:08.2 菅原勲 酒井清 高橋正
第16回 1996年5月19日 水沢 1900m ブルーレフティー 牡3 盛岡 2:10.4 山本裕次郎 熊谷昇 吉田耕作
第17回 1997年5月31日 盛岡 1800m メイセイオペラ 牡3 水沢 1:54.8 渡邉正彦 佐々木修一 (有)明正商事
第18回 1998年5月31日 盛岡 1800m キタノタイトル 牡3 水沢 1:57.4 関本浩司 伊藤和 相場稔
第19回 1999年5月30日 盛岡 1800m マルケイゲイン 牡3 水沢 1:55.4 村松学 菅原右吉 倉口吉太郎
第20回 2000年5月14日 盛岡 1600m トニージェント 牡3 水沢 1:38.6 村上忍 村上実 熊谷みき子
第21回 2001年5月6日 水沢 1600m バンケーティング 牡3 盛岡 1:44.7 畠山信一 平澤芳三 佐々木誠吾
第22回 2002年5月6日 水沢 1600m チュードサンデー 牡3 水沢 1:44.9 菅原勲 佐々木修一 遠藤忠志
第23回 2003年5月5日 水沢 1600m フルグラトル 牡3 盛岡 1:44.4 小林俊彦 櫻田勝男 稲原一美
第24回 2004年5月9日 盛岡 1600m シャンハイジャパン 牡3 水沢 1:42.6 草地保隆 遠藤陸夫 高橋ツメ
第25回 2005年5月15日 盛岡 1600m トレジャーファンド 牡3 盛岡 1:38.9 村上忍 小西重征 佐藤文一
第26回 2006年6月11日 水沢 1600m オウシュウクラウン 牡3 盛岡 1:40.5 小林俊彦 櫻田浩三 西村專次
第27回 2007年6月10日 盛岡 2000m セイントセーリング 牡3 水沢 2:11.3 菅原勲 鈴木七郎 内海正章
第28回 2008年6月2日 盛岡 2000m ゴールデンクリーク 牡3 水沢 2:11.2 板垣吉則 村上昌幸 小野寺佐吉
第29回 2009年6月1日 盛岡 2000m マヨノエンゼル 牡3 盛岡 2:13.8 小林俊彦 葛西勝幸 倉口吉太郎
第30回 2010年5月31日 盛岡 2000m ロックハンドスター 牡3 水沢 2:11.3 菅原勲 瀬戸幸一 千葉浩
第31回 2011年6月13日 盛岡 2000m ベストマイヒーロー 牡3 水沢 2:11.8 菅原勲 瀬戸幸一 千葉浩
第32回 2012年6月4日 盛岡 2000m アスペクト 牡3 盛岡 2:07.3 山本政聡 櫻田浩三 山本武司
第33回 2013年6月3日 盛岡 2000m ヴイゼロワン 牡3 水沢 2:12.7 高松亮 千葉幸喜 大久保和夫
第34回 2014年6月2日 盛岡 2000m ライズライン 牡3 水沢 2:10.7 村上忍 千葉幸喜 大久保和夫
第35回 2015年6月1日 盛岡 2000m ロールボヌール 牡3 水沢 2:08.5 山本聡哉 千葉幸喜 大久保和夫
第36回 2016年6月6日 盛岡 2000m エンパイアペガサス 牡3 水沢 2:09.4 村上忍 佐藤祐司 佐藤信廣
第37回 2017年6月11日 水沢 2000m キングジャガー 牡3 水沢 2:10.4 高橋悠里 板垣吉則 廣松金次
第38回 2018年6月10日 水沢 2000m チャイヤプーン 牡3 水沢 2:15.1 村上忍 千葉幸喜 大久保和夫
第39回 2019年8月18日 水沢 1600m パンプキンズ 牡3 水沢 1:44.2 菅原俊吏 伊藤和忍 山中元夫

脚注・出典編集

注釈編集

  1. ^ 1986年〜1999年は特別競走。

出典編集

  1. ^ a b 注目レースピックアップ”. 岩手競馬 公式WEBSITE. 2019年8月15日閲覧。
  2. ^ a b 令和元年度 第6回水沢競馬改定番組”. 岩手競馬 公式WEBSITE. 2019年8月15日閲覧。
  3. ^ ダービーWeekの5競走にスタリオン賞が付加!”. 地方競馬全国協会 (2007年5月23日). 2016年6月5日閲覧。
  4. ^ “8度目の正直” 8度目の重賞挑戦でハカタドンタクついに戴冠!”. 岩手競馬 公式WEBSITE. 2014年6月8日閲覧。
  5. ^ ★今日のメインレース”. 岩手競馬 公式ホームページ. 2015年6月5日閲覧。
  6. ^ ★今日のメインレース”. 岩手競馬 公式WEBSITE. 2016年6月5日閲覧。

各回競走結果の出典編集

関連項目編集