四條畷学園小学校・中学校・高等学校

日本の大阪府大東市にある私立小学校・中学校・高等学校

四條畷学園小学校・中学校・高等学校(しじょうなわてがくえんしょうがっこう・ちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、大阪府大東市学園町にある私立小学校中学校高等学校

四條畷学園小学校・中学校・高等学校
Shijonawate Gakuen Junior high school & High school.jpg
四條畷学園中学校高等学校
Shijonawate Gakuen elementary school.jpg
四條畷学園小学校
過去の名称 四條畷高等女学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人四條畷学園
設立年月日 1926年(大正15年)
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
高校コード 27548E
所在地 574-0001
大阪府大東市学園町6番45号

北緯34度43分53.6秒 東経135度38分27.0秒 / 北緯34.731556度 東経135.640833度 / 34.731556; 135.640833座標: 北緯34度43分53.6秒 東経135度38分27.0秒 / 北緯34.731556度 東経135.640833度 / 34.731556; 135.640833
外部リンク 公式ウェブサイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

概要編集

1926年(大正15年)に開校した四條畷高等女学校が前身。旧制大阪府立四條畷中学校(現・大阪府立四條畷高等学校)の校長を務めていた牧田宗太郎と、工学博士の学位を持つ鉱山技術者で三井財閥の重役であった牧田環の兄弟によって設立された。第二次世界大戦後の学制改革により新制中学校・高等学校になり、また新たに小学校も設立された。若干の曲折がありつつ、男女共学となっている。

学校法人四條畷学園が運営する学校のうち、幼稚園・小学校・中学校・高等学校・短期大学は同じ敷地に併設されている。

小学校では1年生から一部教科で教科担任制を導入している。また小学校独自の教科として、英語・美術・科学・水泳・活動科を設置している。小学校の給食は希望者に対して実施している。

中学校では2コースに分かれて学ぶ。また高等学校では普通科を設置し、希望進路に応じたコースに分かれて学習する。

沿革編集

学科編集

  • 高等学校 (普通科)
    • 総合キャリアコース [共学]
    • 特別シンガクコース [共学]
    • 発展キャリアコース [共学]
    • (総合コース)
      • (総合クラス) [女子]
      • (吹奏楽クラス) [共学]
      • (情報クラス) [共学]
    • (保育コース) [女子]
    • (特進文系・理系コース) [共学]
    • (6年一貫コース) [共学]
  • 中学校
    • 発展探究クラス
    • 発展文理クラス
    • (6年一貫コース)
  • 小学校


()がされているコース、クラスは募集停止。

部活動編集

運動部編集

  • 卓球部
  • ソフトボール部
  • バスケットボール部
  • 陸上競技部
  • ソフトテニス部
  • 水泳部
  • 剣道部
  • バレーボール部
  • バドミントン部

文化部編集

  • 放送部
  • 文芸部
  • 演劇部
  • 吹奏楽部
  • バトン部
  • 調理部
  • ダンス部
  • パソコン部
  • 音楽部
  • 美術部
  • 歌声部
  • ギター部
  • 英語部
  • 新聞部
  • 被服部
  • アニメ・マンガ部
  • 書道部

サークル編集

  • フットサルサークル
  • 短歌サークル

同好会編集

  • 図書同好会
  • 人権研究同好会
  • 手話同好会
  • 園芸同好会 [中学部]

著名な出身者編集

バドミントン編集

交通編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 設立認可を受けた当初は、北河内郡甲可村(現・四條畷市)に開設することが申請されていた[1]
  2. ^ 設立認可時には甲可村としていた位置を同郡四條村(現・大東市)に移設することが1926年12月に認可された[4]

出典編集

  1. ^ 大正15年3月10日付官報(第4060号) 文部省告示第百五号
  2. ^ a b c d e f g 小谷明. “学園について”. 学校法人四條畷学園. 2018年5月30日閲覧。
  3. ^ a b c d e 学園について”. 四條畷学園高等学校. 2018年5月30日閲覧。
  4. ^ 大正15年12月23日付官報(第4301号) 文部省告示第三百八十七号
  5. ^ 昭和16年4月21日付官報(第4284号) 文部省告示第五百七十七号

関連項目編集

外部リンク編集