メインメニューを開く

団地』(だんち)は、阪本順治監督・脚本による2016年の日本のSFコメディ映画である。主演の藤山直美は、第19回上海国際映画祭にて金爵賞最優秀女優賞を受賞した[2]

団地
監督 阪本順治
脚本 阪本順治
製作 武部由実子
菅野和佳奈
製作総指揮 木下直哉
出演者 藤山直美
岸部一徳
大楠道代
石橋蓮司
音楽 安川午朗
撮影 大塚亮
編集 普嶋信一
製作会社 キノフィルムズ
配給 キノフィルムズ
公開 日本の旗 2016年6月4日
上映時間 103分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 1億1500万円[1]
テンプレートを表示

あらすじ編集

山下ヒナ子(藤山直美)は、夫の清治(岸部一徳)と共に団地で暮らしている。2年前に一人息子の直哉(中山卓也)を交通事故で亡くした夫妻は、老舗の漢方薬局を閉店し、半年前に団地へ引っ越してきたのである。ヒナ子はスーパーマーケットでレジ係を務めており、清治は団地の裏の林での植物観察を日課としている。

真城(斎藤工)が山下夫妻の住む302号室を訪ねてくる。最も効能があるのは山下夫妻の生薬だという真城には、特別に生薬を提供することになる。以後、宅配便の男(冨浦智嗣)が定期的に302号室へ集荷に訪れる。

行徳君子(大楠道代)は清治に、次の自治会会長選挙では清治を推薦するつもりだと伝える。最初は断ろうとする清治であったが、日が経つにつれて、次第に乗り気となってゆく。しかし、投開票の結果、君子の夫の正三(石橋蓮司)が大差で自治会会長に再選される。

後日、清治は、君子が清治の人望のなさを団地の住民と語っている現場に居合わせる。その言葉に傷ついた清治は、自分は死んだことにしてほしいとヒナ子に告げて、床下に閉じこもる。団地の住民たちのあいだでは、清治はヒナ子に殺されたのではないかという噂が広まる。

真城が再び302号室を訪ねてくる。真城は、同郷の者たち約5,000人分の生薬を2週間後に用意してほしいと、山下夫妻に依頼する。その報酬として、真城は直哉に会わせることを約束する。山下夫妻と同じく初めての子供を亡くしている真城は、ワイシャツの前をはだけて、自分が地球人ではないことを明かす。直哉のへその緒を持って行けば、直哉に会うことができるのだという。真城の言葉を信じたヒナ子と清治は、2週間のあいだ、生薬の加工に明け暮れる。

2週間後、真城が妻子と共に302号室を訪れて、生薬を受け取る。山下夫妻らが出発への準備を進める中、君子と正三が清治の生死を確かめるために302号室を訪れる。そこで真相を知らされた君子と正三は協力を申し出る。

出発当日、山下夫妻らは302号室をあとにする。団地の住民たちが清治の生存に驚いているところへ、宇宙船が団地の上空にやってくる。住民たちが宇宙船を見上げている隙に、山下夫妻らは団地の裏の林へ入ってゆく。やがて、ヒナ子と清治は林を抜けて草原に辿り着くが、そこは宇宙船の中であり、すでに地球を遠く離れているのだと真城は告げる。しかし、ヒナ子と清治は直哉のへその緒を忘れてきてしまったことに気づく。それを聞いた真城は、時空を戻すことにすると夫妻に伝える。

ある日の夕方、302号室のテレビの調子が悪くなる。ベランダへ出て空を見上げた清治は、台所にいたヒナ子を呼び寄せる。ヒナ子と清治は、空の彼方で光っている物体を見て「何か良いことがありそう」と笑みをこぼす。ベランダから戻り、夕食の準備に再び取りかかっているところへ、直哉が帰宅するのであった。

キャスト編集

スタッフ編集

製作編集

本作の企画は、藤山直美のスケジュールが2週間ほど空くと聞いた阪本順治によって立ち上げられた[3]。阪本は、数日でプロットを構想し、約1週間で脚本を書き上げた[4]。脚本を執筆する段階で、藤山、岸部一徳大楠道代石橋蓮司のキャスティングは念頭に置かれていた[4]

阪本は、本作の舞台に団地を選んだ理由について問われた際、「団地は外階段が多く、いわば縦長屋ですね。その縦の構造の中で、住民がすれ違うのがすごく面白くて。ビジュアル的にも、昭和の匂いがする風合いがそそられるものはありました」と答えている[5]。ただし、「昭和の輝かしい団地ではなく、いまの団地の風景」を描きたかったのだという[6]。また、「筒井康隆星新一の小説のように日常がひっくり返るような世界観を提示したいと思った」と述べている[7]

本作の主な舞台である団地は、栃木県足利市の錦町団地にて撮影された[8]。団地の一室は、栗田美術館内にセットが組まれた[8]。団地の裏にあると設定されている林の場面は、八幡山古墳「憩の森」にて撮影された[8]

上映編集

2016年5月26日、本作の完成披露試写が行われた[9]。6月4日に一般公開された[10]

評価編集

批評家の藤井仁子は、本作における「最良の意味でB級映画的な、つまり低予算で早撮りされた映画だけが持ちうるデタラメなまでの痛快さ」を称賛し、一時は「日本映画」を背負わされていたかに見える阪本順治が「自由で軽やかに」「もっと過激に」変化したことを歓迎している[11]

受賞編集

脚注編集

  1. ^ キネマ旬報 2017年3月下旬号』p.85
  2. ^ 「団地」藤山直美、上海国際映画祭で日本人初の最優秀女優賞に”. 映画ナタリー (2016年6月20日). 2016年8月17日閲覧。
  3. ^ そこは昭和。阪本順治はなぜ「団地」を舞台にした映画を作ったのか?”. まぐまぐニュース! (2016年5月31日). 2016年7月21日閲覧。
  4. ^ a b スリル感じる 喜劇役者との喜劇 (1/2)”. 神奈川新聞 (2016年5月22日). 2016年7月21日閲覧。
  5. ^ 狂に入って作った喜劇 (1/2)”. Rooftop (2016年5月2日). 2016年7月21日閲覧。
  6. ^ 映画『団地』の阪本順治監督に訊く! 昭和の集合住宅、団地のオモシロさ。”. マンション・ラボ (2016年5月31日). 2016年7月21日閲覧。
  7. ^ 阪本順治・是枝裕和 50代監督が団地を撮る”. 日本経済新聞 (2016年4月30日). 2016年7月21日閲覧。
  8. ^ a b c 映画『団地』”. 足利市 映像のまち推進課. 2016年7月21日閲覧。
  9. ^ 藤山直美、斎藤工に「サイトウ、エって誰?」映画「団地」完成報告”. スポーツ報知 (2016年5月26日). 2016年7月6日閲覧。
  10. ^ 「団地」阪本順治が藤山直美に要求したまさかの“ヘアヌード”とは”. 映画ナタリー (2016年6月5日). 2016年7月6日閲覧。
  11. ^ 藤井仁子「阪本順治『団地』 撮影所の跡地に団地ができた」『NOBODY』第45号、2016年、 65 - 67頁、 ISBN 9784902794472
  12. ^ 藤山直美、上海国際映画祭で日本人初の最優秀女優賞受賞!”. 映画.com (2016年6月20日). 2016年7月6日閲覧。
  13. ^ 「オーバー・フェンス」「団地」が最優秀作品に、第8回TAMA映画賞結果発表”. 映画ナタリー (2016年10月6日). 2016年10月6日閲覧。

外部リンク編集