国体論争(こくたいろんそう)とは、国体をめぐるさまざまな論点に関して、継承的に発展させたり、相対立する考え方を主張し批判し合うことである。

概要編集

国体論争と呼ばれるものは古今東西に複数存在する。[要出典]たとえば、古代ギリシアアリストテレスは政治体制を君主制貴族制民主制に分類した。ポリュビオスは、この3つの政体がそれぞれ、専制、寡頭制、衆愚政治へと堕落し、やがて別の政体に変化するという「政体循環論」を唱え、この3つの共存する古代ローマの国体を最上のものとした。

現在でもイスラム教信者が多数を占める国においては政治宗教の関係をめぐって政教一致か政教分離かで論争が行われている。

日本における国体論争編集

日本において国体論争と呼ばれるものには以下のようなものがあった。

江戸時代編集

第二次世界大戦前編集

戦後編集