国司 仙吉(くにし せんきち、1846年弘化9年)[1] - 1915年大正4年)12月25日[2])は、幕末長州藩士、明治期の官僚秋田県権令。他の通称・千吉郎、号・水門[3]

経歴編集

長門国萩城下で長州藩士・国司右内、まし夫妻の息子として生まれた[1]安政4年(1857年)春、松下村塾に入り、安政5年(1858年吉田松陰の野山再獄まで指導を受ける[3][4]文久3年(1863年)若殿様御前詰、元治2年(1865年)御小姓役となる。また、干城隊に入り、その後、御楯隊に転じ、改組された整武隊に慶応3年(1867年)まで在籍した[5]。慶応4年(1868年12月、御蔵元順番検使役に就任し、さらに会計局検使、大坂検使役、会計局権大属などを歴任[6]

明治政府に出仕し、明治4年(1871年8月宮谷県大参事に任官。以後、木更津県参事、兼印旛県参事を務めた[3]1873年5月、秋田県権令に発令された[3][6][7]。地元出身者の官吏登用、養蚕振興、学制を施行し寺子屋を全廃するなどの施策を推進した[8]。明治7年度(1874年度)の徴兵の際に、県の担当者が年齢計算を誤って召集を行い、その事後処理が不適切であったことなどから、1875年5月15日、依願免本官と同時に位記返上が申し渡された[9]

1877年1月、工部少書記官、秋田県阿仁鉱山分局勤務となる。以後、内務権大書記官、工部権大書記官・用度課長を歴任し、1885年12月、工部省が廃止され非職となった。その後、千葉県木更津に移り事業を行った[10]

親族編集

伝記編集

  • 小山須磨子『國司仙吉の生涯 : 明治に生きた地方政治家』小山須磨子、2000年。

脚注編集

  1. ^ a b c 海原 1999, p. 222.
  2. ^ 海原 1999, pp. 229-230.
  3. ^ a b c d 吉田祥朔 1976, p. 105.
  4. ^ 海原 1999, pp. 222-223.
  5. ^ 海原 1999, pp. 223-224.
  6. ^ a b 海原 1999, p. 224.
  7. ^ 秦 2001, p. 95.
  8. ^ 歴代知事編纂会編 1991, p. 163.
  9. ^ 海原 1999, pp. 228-229.
  10. ^ 海原 1999, p. 229.

参考文献編集

  • 海原徹 『松下村塾の明治維新 : 近代日本を支えた人びと』 ミネルヴァ書房、1999年2月。ISBN 462302962XNCID BA39739724 
  • 秦郁彦編 『日本官僚制総合事典 : 1868-2000』 東京大学出版会、2001年11月。 NCID BA54424693 
  • 吉田祥朔『近世防長人名辞典』マツノ書店、1976年6月1日、増補。NCID BN02934961
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年11月。NCID BN06916098