戊辰戦争で官軍が用いた錦旗

国粋主義(こくすいしゅぎ、: Japanese nationalism)とは、近代の日本における国家主義の一形態で、衆議院議員志賀重昂1888年雑誌『日本人』にて発表した論文「国粋保存旨義」の中で使用された用語明治維新に始まる極端な西欧文化の流入による近代化に警笛を鳴らし、当時の明治政府政策欧化主義として非難したもので、日本人の本来の文化歴史、その長所を尊ぶことを主張している。即ち天皇を頂点とする日本の国家体制を支持し、その優越性と長久性を強調する国体論が主となっている。

一般論としての国粋主義は、国家に固有の文化・伝統を礼賛して愛国心愛郷心意識の発揚をはかる、思想運動のことで、一般的には保守思想の一つとされる。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集