国道7号線 (韓国)

韓国の道路

国道7号線(釜山~穏城線、こくどうしちごうせん、ハングル: 국도 제7호선)は釜山広域市中区 中央洞朝鮮語版の旧市庁交差点と咸鏡北道穏城郡有徳面を結ぶ大韓民国の一般国道である。路線のうち、慶州市の南慶州インターチェンジから東海市の東海インターチェンジの区間および襄陽郡の襄陽インターチェンジから高城郡の区間はアジアハイウェイ6号線()を構成する。総延長は1,192 kmであり、大韓民国による実効支配下の区間延長は484.3 kmである。

一般国道
国道7号
AH6 ROK.svg
國道7號線
국도7호선
釜山穩城線
부산온성선
総延長 1,192 km
実延長 484.3 km(大韓民国実効支配区間)
制定年 1971年8月31日
道路の方角 南北
南端 釜山広域市中区中央洞朝鮮語版
主な経由国 大韓民国の旗 大韓民国朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮
北端 咸鏡北道穏城郡[1]
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
大韓民国の国道7号線の路線図、説明はほとんどハングルでできている。
襄陽郡の造山三叉路付近。

歴史編集

  • 1971年8月31日 : 一般国道路線指定令により国道第7号線釜山-穏城線となった。

通過する自治体編集

交差する道路編集

高速道路
国道

脚注編集

  1. ^ 実際には朝鮮民主主義人民共和国の実効支配下にある。以北五道を参照。

関連項目編集