紅葉丘

東京都府中市の町名
日本 > 東京都 > 府中市 > 紅葉丘

紅葉丘(もみじがおか)は、東京都府中市地名。現行行政地名はで紅葉丘一丁目から紅葉丘三丁目。郵便番号は183-0004(武蔵府中郵便局管区)[2]

紅葉丘
紅葉丘三丁目にある多磨駅(新駅舎)
紅葉丘三丁目にある多磨駅(新駅舎)
紅葉丘の位置(多摩地域内)
紅葉丘
紅葉丘
紅葉丘の位置
北緯35度40分21.43秒 東経139度30分33.74秒 / 北緯35.6726194度 東経139.5093722度 / 35.6726194; 139.5093722
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
市町村 Flag of Fuchu, Tokyo.svg 府中市
人口
2018年(平成30年)1月1日現在)[1]
 • 合計 8,547人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
183-0004[2]
市外局番 042 (国分寺MA)[3]
ナンバープレート 多摩
※座標は府中市立府中第二中学校付近

地理編集

府中市東部に位置し、多磨霊園の南方および西武多摩川線多磨駅の西に広がる住宅地。南から時計回りに白糸台若松町多磨町朝日町に隣接する。

地価編集

住宅地の地価は、2015年平成27年)1月1日公示地価によれば、紅葉丘3丁目31番8の地点で26万9,000円/m2となっている。[4]

歴史編集

1889年(明治22年) の町村制施行から府中市発足までは北多摩郡多磨村に属していた。1954年(昭和29年)4月1日に府中市成立により府中市の一部となり、1964年(昭和39年)に従前の大字人見・小田分・上染屋・車返の各一部から成立した[5]

地名の由来編集

小字の紅葉ヶ岡より。

世帯数と人口編集

2018年(平成30年)1月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
紅葉丘一丁目 1,362世帯 3,167人
紅葉丘二丁目 1,125世帯 2,437人
紅葉丘三丁目 1,303世帯 2,943人
3,790世帯 8,547人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[6][7]

丁目 番地 小学校 中学校
紅葉丘一丁目 全域 府中市立府中第十小学校 府中市立府中第二中学校
紅葉丘二丁目 全域
紅葉丘三丁目 全域 府中市立白糸台小学校

交通編集

鉄道編集

 
地上駅時代の多磨駅(旧駅舎)
  • 西武鉄道
    開業以来地上駅であったが、西武鉄道は2018年(平成30年)6月7日に橋上駅舎化と自由通路整備事業計画を発表[9]、駅改良工事が行われた。2020年令和2年)12月23日始発より橋上駅舎と自由通路が供用開始された[10]。これによりエスカレーターエレベーターなどのバリアフリー設備が整備された[10]
    しかしこの駅舎改良工事には、府中市も約14億円の費用(市税)を負担し、地元住民や府中市議会議員からの要望を受けていた[11][12]にもかかわらず、下りエスカレーターは設置されなかった[11]。西武鉄道側はその理由について「エスカレーター設置スペースの幅が狭いため設置できない」と回答している[11]。しかし同市内の京王電鉄多磨霊園駅[13]武蔵野台駅[14]では、スペースの幅が狭くても上下エスカレーターが設置されていることが指摘された[11]。エスカレーターなどの設備を後付けで増設するのは費用がかさみ、大掛かりな工事となって鉄道利用上も影響を及ぼすため、駅舎新築の時点で設置しておくべきだったと指摘されている[11]。地元では引き続き、西武鉄道に対して下りエスカレーターの設置を要望していくとしている[11]

バス編集

 
多磨駅に乗り入れる「ちゅうバス」朝日町ルートの車両

道路編集

施設編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 府中市の最新人口”. 府中市 (2018年1月13日). 2018年1月18日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月18日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月18日閲覧。
  4. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  5. ^ 角川日本地名大辞典 JLogos JLogos版
  6. ^ 住所別学区域一覧(小学校)”. 府中市 (2017年1月23日). 2018年1月18日閲覧。
  7. ^ 住所別学区域一覧(中学校)”. 府中市 (2014年2月28日). 2018年1月18日閲覧。
  8. ^ 多磨駅:各駅情報” (日本語). 西武鉄道Webサイト. 2021年3月18日閲覧。
  9. ^ “多磨駅が生まれ変わる! 多摩川線多磨駅 橋上駅舎化及び自由通路整備を実施します” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 西武鉄道, (2018年6月7日), オリジナルの2018年9月17日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20180917032540/https://www.seiburailway.jp/news/news-release/2018/20180607_tamastationrenewal.pdf 2020年12月9日閲覧。 
  10. ^ a b “12月23日(水)初電車より 多摩川線 多磨駅の橋上駅舎・自由通路を供用開始します!” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 西武鉄道, (2020年12月8日), オリジナルの2020年12月8日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20201208085045/https://www.seiburailway.jp/news/news-release/2020/20201208tama_renewal.pdf 2020年12月8日閲覧。 
  11. ^ a b c d e f 結城亮 (2020年12月23日). “西武多摩川線多磨駅が装い新たに今日(12月23日)から供用開始 駅改良に市税14億円(概算)を投じたが・・残念なのは「下りエスカレーター」設置されなかったこと - 地域・まちづくり” (日本語). 府中市議会議員 ゆうきりょう 公式ブログ. 2021年3月18日閲覧。
  12. ^ 西武線多磨駅の「駅構内に下りのエスカレーターがないと知って、びっくり」『全面バリアフリー化』と言っていたのに!」(市民の声より) - 地域・まちづくり” (日本語). 府中市議会議員 ゆうきりょう 公式ブログ. 結城亮 (2020年12月27日). 2021年3月18日閲覧。
  13. ^ 多磨霊園駅|各駅情報・時刻表” (日本語). 京王グループ. 京王電鉄. 2021年3月18日閲覧。
  14. ^ 武蔵野台駅|各駅情報・時刻表” (日本語). 京王グループ. 京王電鉄. 2021年3月18日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集