メインメニューを開く
土佐電標準色の700形702号
山陽電気軌道時代の塗装を復元した700形702号

土佐電気鉄道700形電車(とさでんきてつどう700がたでんしゃ)は、とさでん交通に在籍する路面電車車両。本項では同形の800形電車についても記す。2014年10月1日付で土佐電気鉄道高知県交通土佐電ドリームサービスと経営統合し、新会社とさでん交通による運営に移行したのに伴い、土佐電気鉄道からとさでん交通に承継された。

概要編集

山口県下関市で路面電車の営業を行っていた山陽電気軌道(現、サンデン交通)向けとして、ナニワ工機により1958年700形701-704の4両、翌1959年に800形801-805が5両製造された。全て鋼製車両となっている。

性能面に両形式の差異はなく、どちらも直接制御方式を採用している。異なるのは台車で、700形はNK-11、800形は若干改良を加えたNK-12を使用しているが外観上の差異はほとんどない。また排障器も700形は鋼板製、800形は鉄管製となっている。700形は土佐電鉄として初めての折り畳みドアである。

1971年、山陽電気軌道の路線全廃に伴い、同年2月に700形3両 (701, 702, 704) と800形4両 (801-804) が土佐電気鉄道に譲渡された。当初は山陽電気軌道からではなく名古屋市電からの車両譲渡を予定していたが前年に土佐電鉄が採用したワンマン方式は後乗り前降り式であったため前乗り後降り式の名古屋市電の車両では都合が悪くなり同時期に路線を廃止した山陽電気軌道が土佐電鉄と同じく後乗り前降り式でのワンマン方式を採用していたことから山陽からの両形式の譲渡へと変更になった経緯がある[1]。この際、形式番号の変更は行われていないが集電装置をピューゲルからZ形パンタグラフに交換している。その他、車両番号は704を703に改番した以外は変更を行われていない。同年8月7日より土佐電気鉄道での運用を開始した[2]

1997年-1999年には、600形と同様に三菱電機冷房装置の取り付け工事が実施され、車体の補強のため側面では中央部の柱が太くなり、隣にある一枚の窓が狭くなり、印象が変化した。塗装は土電の標準色ないしは広告色であったが2005年4月には700形1両 (702)に対して有志の募金により山陽電気軌道時代の塗装への復元工事が施され、「ふくふく下関号」としてしばらくの間運用に就いていたが現在は土電標準色に戻された。最近ではミュージックホーンの増設改造もされている。

主要諸元編集

  • 寸法(車長/車幅/集電装置折り畳み時の車高):12000/2300/3834(mm)
  • 自重:14.15t
  • 定格出力:37.3kW×2
  • 台車:NK-11(700形)、NK-12(800形)
  • 制御駆動方式:直接制御吊り掛け駆動方式
  • 旅客定員:64(座席34)
  • 乗降扉:折り戸式

各車状況編集

  • 701(山陽電気軌道701) - 1958年3月竣工、桟橋車庫所属
  • 702(山陽電気軌道702) - 1958年3月竣工、桟橋車庫所属
  • 703(山陽電気軌道704) - 1958年3月竣工、桟橋車庫所属
  • 801(山陽電気軌道801) - 1959年3月竣工、桟橋車庫所属
  • 802(山陽電気軌道802) - 1959年3月竣工、桟橋車庫所属
  • 803(山陽電気軌道803) - 1959年3月竣工、桟橋車庫所属
  • 804(山陽電気軌道804) - 1959年3月竣工、桟橋車庫所属

脚注編集

  1. ^ 『土佐電鉄八十八年史』 328頁。
  2. ^ 『土佐電鉄八十八年史』 549頁。

参考文献編集