メインメニューを開く

土地・建設産業局(とちけんせつさんぎょうきょく)は、国土交通省内部部局の一つ。2011年7月に土地・水資源局の土地分野と総合政策局の不動産業・建設産業分野が分離再編され設置された[1]

目次

職務編集

建設産業、不動産業などを所掌し、土地政策等を担当している[2]。詳細は国土交通省組織令第6条による[3]

組織編集

土地・建設産業局

9課からなる[4]
  • 局長[5]
  • 建設流通政策審議官[6]
  • 次長[5]
  • 官房審議官(土地・建設産業)[5]
    • 官房参事官(土地政策)[5]
    • 総務課[5]
      • 調整室[6]
      • 公共用地室[6]
    • 企画課[5]
    • 国際課[5]
    • 地価調査課[5]
      • 地価公示室[6]
      • 鑑定評価指導室[6]
    • 地籍整備課[5]
    • 不動産業課[5]
      • 不動産業指導室[6]
    • 不動産市場整備課[5]
      • 不動産投資市場整備室[6]
    • 建設業課[5]
      • 入札制度企画指導室[6]
      • 建設業適正取引推進指導室[6]
    • 建設市場整備課[5]
      • 専門工事業・建設関連業振興室[6]
      • 労働資材対策室[6]

関連項目編集

外部リンク編集

脚注編集