メインメニューを開く

土屋 篤直(つちや あつなお)は、常陸土浦藩の第4代藩主。

 
土屋篤直
時代 江戸時代中期
生誕 享保17年6月20日1732年8月10日
死没 安永5年5月20日1776年7月5日
別名 左門(通称
戒名 厳性遵義本覚院
墓所 茨城県土浦市大岩田町の法泉寺
官位 従五位下、能登
幕府 江戸幕府
常陸国土浦藩
氏族 土屋氏
父母 父:土屋陳直、母:佐藤長右衛門の娘
兄弟 久米五郎、篤直以直
正室:奥平昌成の娘
側室:豊田定愛の妹
側室:和田源左衛門の娘・勢野子
寿直泰直英直、八百子(松平忠宝正室)、
娘(阿部正精正室

人物編集

享保17年(1732年)6月20日、第3代藩主土屋陳直の次男として生まれる。享保19年(1734年)、父の死去により家督を継いだ。しかし幼少のため、土屋亮直の輔佐を受けた。

元文3年(1738年)に20か条の触れを出して、年貢の完納化を義務付けた。また、株仲間の公認化や消防制度の強化を行なっている。延享4年(1747年)12月19日、従五位下・能登守に叙任される。宝暦8年(1758年)6月14日、大手御門番に任じられる。宝暦10年1月28日、奏者番に任じられる。明和2年(1765年)7月25日、内桜田御門番に任じられ、明和5年7月1日に桜田方火の番に任じられる。明和6年10月1日に寺社奉行に任じられる。しかし病弱だったといわれ、藩政は亮直ら家臣によって行なわれていたといわれる。

安永5年(1776年)5月20日に死去した。享年45。跡を長男の寿直が継いだ。