メインメニューを開く

松平 忠宝(まつだいら ただとみ)は、江戸時代後期の大名摂津国尼崎藩4代藩主。尼崎藩桜井松平家7代。官位従五位下大膳亮遠江守

 
松平忠宝
時代 江戸時代後期
生誕 明和7年2月22日1770年3月19日
死没 文政12年4月14日1829年5月16日
改名 鉄丸・鉄之丞・与一(幼名)→忠宝
戒名 幹誉道悦高尚院
官位 従五位下大膳亮遠江守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉
摂津尼崎藩
氏族 桜井松平家
父母 父:松平忠告、母:松平光雄娘・吉
兄弟 忠宝菅沼定賢忠得忠進
平岡頼暢忠栄相馬祥胤正室、
峻章院、加藤明允正室、本多忠升正室、於鏡の方
正室:土屋篤直娘・八百子
忠誨松平乗全正室ら

略歴編集

明和7年(1770年)2月22日、3代藩主・松平忠告の次男として誕生。兄が早世したために世子となり、文化2年(1805年)12月10日の父の死去により、文化3年(1806年)2月10日に家督を継いだ。

文化10年(1813年)4月14日、病気を理由に家督を次男・忠誨に譲って隠居する。文政12年(1829年)4月14日に死去した。享年60。