在原棟梁
時代 平安時代前期
生誕 嘉祥3年(850年)頃[1]
死没 昌泰元年(898年
官位 従五位上左衛門佐
主君 清和天皇陽成天皇光孝天皇宇多天皇醍醐天皇
氏族 在原氏
父母 父:在原業平、母:紀有常
兄弟 棟梁滋春、美子
元方、元清、戒仙、本院侍従、
おほつぶね
テンプレートを表示

在原 棟梁(ありわら の むねはり)は、平安時代前期の貴族歌人平城天皇の後裔で、右近衛中将在原業平の長男。官位従五位上左衛門佐中古三十六歌仙の一人。

経歴編集

清和朝貞観11年(869年春宮舎人に任ぜられ、春宮・貞明親王に仕える。陽成朝左近衛将監左兵衛権大尉と武官を歴任する。

元慶8年(884年光孝天皇の即位に伴って蔵人に任ぜられる。翌仁和元年(885年従五位下雅楽頭に叙任されると、仁和2年(886年)左兵衛佐、寛平8年(896年)左衛門佐と光孝朝後半から宇多朝にかけて再び武官を歴任。寛平9年(898年)従五位上に至る。昌泰元年(898年)卒去。

歌人として、勅撰和歌集に『古今和歌集』4首・『後撰和歌集』2首・『続後拾遺和歌集』1首が採録されている[2]

官歴編集

注記のないものは『日本三代実録』による。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 今井[1985: 22]
  2. ^ 勅撰作者部類
  3. ^ a b c d e f g h 『古今和歌集目録』
  4. ^ a b 『中古歌仙三十六人伝』
  5. ^ 今井[1985: 24]
  6. ^ 今井[1985: 21]
  7. ^ 『後撰和歌集』二荒山本・片仮名本等

参考文献編集

  • 今井源衛「戒仙について--業平から貫之へ」『文学研究』第66巻、九州大学文学部、1969年。
  • 今井源衛「在原業平の弟と子供たち : 守平・棟梁・清貫母のこと」『日本文学研究』第21巻、梅光女学院大学日本文学会、1985年。