メインメニューを開く

地底の森ミュージアム

宮城県仙台市太白区にある歴史博物館

地底の森ミュージアム(ちていのもりミュージアム)は、宮城県仙台市太白区長町副都心に位置する歴史博物館。正式名称は仙台市富沢遺跡保存館富沢遺跡遺構遺物を展示・公開している。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 地底の森ミュージアム
Sendai City Tomizawa Site Museum
Sendai City Tomizawa Site Museum1.JPG
施設情報
正式名称 仙台市富沢遺跡保存館[1]
事業主体 仙台市
管理運営 財団法人仙台市市民文化事業団指定管理者[2]
延床面積 2,743m2
開館 1996年平成8年)11月2日
所在地 982-0012
宮城県仙台市太白区長町南4-3-1
位置 北緯38度13分22.1秒 東経140度52分21秒 / 北緯38.222806度 東経140.87250度 / 38.222806; 140.87250座標: 北緯38度13分22.1秒 東経140度52分21秒 / 北緯38.222806度 東経140.87250度 / 38.222806; 140.87250
アクセス 地下鉄南北線長町南駅より徒歩5分
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

概要編集

1988年昭和63年)に行なわれた仙台市南部の富沢遺跡内の仙台市立長町南小学校[3]建設予定地における予備調査である富沢遺跡第30次発掘調査において、2万年前の森林の跡および旧石器人のキャンプ跡が発見された。

これは人類と自然の関係が遺跡となっている世界的にも貴重な発見[3]であったために、小学校の建設地は変更され遺跡の保存・公開を検討されることとなった。翌年には基本構想策定委員会が設けられ、生涯学習活動を基本方針の1つとした考古系総合博物館の建設の基本構想が策定された[4]

1996年平成8年)11月2日に来館者スペースの80%を遺跡の公開・展示のためのスペースが占めている遺跡博物館としての性格をもった地底の森ミュージアム(仙台市富沢遺跡保存館)が開館した。総合博物館ではなく遺跡保存館となった点に当初の構想からの変更がなされているが、博物館の基本的な性格として生涯学習活動の積極的な推進が盛り込まれる点などに基本構想からの継承が見られる。[4]

沿革編集

  • 1988年昭和63年)、富沢遺跡第30次調査において2万年前の森林跡と旧石器人のキャンプ跡を発見。
  • 1989年平成元年)、基本構想の策定[4]
  • 1994年(平成6年)、建物着工[3]
  • 1996年(平成8年)11月2日、開館。
  • 2007年(平成19年)、総入場者数が50万を突破[4]

施設概要編集

 
屋内展示施設
 
氷河期の森

敷地面積は14263m2で、樹木跡や焚き木跡、化石などを展示する「屋内展示施設」と、氷河期の植生を再現した屋外展示施設の「氷河期の森」からなっている。

屋内展示施設編集

建物面積1196m2、延べ床面積2743m2で地上1階、地下1階の鉄骨鉄筋コンクリート造の建造物。施設内で遺跡を発掘された状態で展示するために地下階に床を設置しない一方で、遺跡に地下水が浸入することを防ぐために厚さ80cmの外壁を地下20mの深さまで築くなど特殊な建築土木工法が用いられている。

遺跡の保存のために無色・無臭でカビなどの発生を防止する保存処理剤として樹木用と土壌用で分子構造式が異なる2種類の「ポリシロキサン」が使用されている。[5]

  • 地上1階:常設展示室、企画展示室、展望ラウンジ、研修室
  • 地下1階:受付、常設展示室(埋没林展示)

氷河期の森編集

発見された森林跡をもとに2万年前の氷河期の植生が分析され、地底の森ミュージアムの敷地内に再現されている。

アクセス編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集