坂上広雄
時代 平安時代初期
生誕 不明
死没 不明
官位 従五位下右近衛少将
主君 仁明天皇
氏族 坂上大宿禰
父母 父:坂上田村麻呂
兄弟 大野広野浄野正野、滋野、継野、継雄、広雄、高雄、高岡、高道、春子藤原三守
高直
テンプレートを表示

坂上 広雄(さかのうえ の ひろお)は、平安時代初期の貴族大納言坂上田村麻呂の子。官位従五位下右近衛少将

経歴編集

仁明朝天長10年(834年従五位下叙爵し、承和9年(842年右近衛少将に任ぜられた。

彼の系統からは孫の坂上安主相賀氏の祖となり、同じく孫の坂上仲澄近江国に所領を与えられて土着し、鎌倉幕府御家人生地氏の始祖となっている。高野山下山後の織田秀信の継室となったという伝承に登場する町野の父・生地新左衛門尉をこの系統と考える説もある。

官歴編集

続日本後紀』による。

参考文献編集