境部王(さかいべおう/さかいべのおおきみ、生没年不詳)は、奈良時代皇族。名は坂合部王とも記される。知太政官事穂積親王の子[1]官位従四位下治部卿

経歴編集

父・穂積親王が没した2年後の霊亀3年(717年)正月に、二世王としての蔭位を受け従四位下に直叙される。同年10月には、安八万王酒部王御原王天武天皇裔の二世王とともに封戸を加増される[2]養老5年(721年治部卿に任ぜられている。その後の消息は『六国史』に記載がなく、間もなく没したか。『懐風藻』では享年25と記される。

治部卿在任中に作成した漢詩2首が『懐風藻』に、和歌1首が『万葉集[1]に採録されている。『懐風藻』に採られた漢詩作品の内1首は長屋王邸での宴で詠まれたものであり、長屋王家木簡にもその名が現れるなど、長屋王との親交が窺われる。

官歴編集

続日本紀』による。

脚注編集

  1. ^ a b 『万葉集』巻16-3833
  2. ^ 『続日本紀』霊亀3年10月12日条

参考文献編集