メインメニューを開く

坂本 賀勇(さかもと よしお、1959年[1] - )は、日本ゲームクリエイター奈良県出身[1]大阪芸術大学芸術学部デザイン学科卒業[要出典]任天堂企画開発本部企画開発部統括[1]

略歴編集

大学卒業後の1982年、任天堂入社。入社後はゲーム&ウオッチマルチスクリーンシリーズ『ドンキーコング』のタルおよびクレーンのデザインに始まり、その後は『ドンキーコングJR.』『バルーンファイト』『レッキングクルー』『光神話 パルテナの鏡』など多数のファミリーコンピュータ作品の開発に関わる。

メトロイド』ではキャラクターデザインを担当。その後『ファミコン探偵倶楽部』『カエルの為に鐘は鳴る』『トレード&バトル カードヒーロー』など、多数の作品において開発の中心を務める。現在は、『メトロイド』『メイド イン ワリオ』『リズム天国』シリーズなどのプロデューサーを務めている[1]

2010年のゲーム・デベロッパーズ・カンファレンスでは初の海外講演を行う。なお、坂本は前述の『メトロイド』と『メイド イン ワリオ』以外は日本でのみ発売の作品を担当することが多く、講演の最初に念入りな自己紹介を行っていた。

作品編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d Miitomoのポテンシャル!坂本賀勇×糸井重里”. ほぼ日刊イトイ新聞 (2016年6月30日). 2019年1月28日閲覧。

外部リンク編集