坂東彦三郎 (6代目)

日本の歌舞伎役者

六代目 坂東彦三郎(ろくだいめ ばんどう ひこさぶろう、1886年明治19年)10月12日 - 1938年昭和13年)12月28日)は、歌舞伎役者。屋号音羽屋定紋鶴の丸、替紋は八重片喰俳名には薪水梅朝・楽善など。本名は坂東 英造(ばんどう えいぞう)。

ろくだいめ ばんどうひこさぶろう
六代目 坂東彦三郎

寿曽我対面の工藤祐経』
屋号 音羽屋
定紋 鶴の丸 
生年月日 1886年10月12日
没年月日 (1938-12-28) 1938年12月28日(52歳没)
本名 1. 寺嶋 英造(出生名)[1]
2. 坂東 英造(養子後)
襲名歴 1. 尾上英造
2. 六代目尾上榮三郎
3. 六代目坂東彦三郎
俳名 薪水・梅朝・楽善
出身地 東京府日本橋区浜町
五代目尾上菊五郎
兄弟 六代目尾上梅幸(長兄)
六代目尾上菊五郎(次兄)[1]
十七代目市村羽左衛門

経歴 編集

五代目尾上菊五郎と元柳橋の芸者で権妻の秋田ぎん(1926年8月31日没)との間の三男として東京・日本橋浜町に生まれる[2]。1896年(明治29年)1月、尾上英造を名乗って初舞台。1903年(明治36年)3月、九代目市川團十郎のひきにより歌舞伎座で六代目尾上榮三郎を襲名した。その6年後には五代目坂東彦三郎家の養子となり、1915年(大正4年)4月市村座で六代目坂東彦三郎を襲名。以後も一貫して兄の六代目尾上菊五郎一座で脇役として活躍した。

歌舞伎の歴史に詳しく、後進の教育にも力を注いだ。

家族 編集

当たり役 編集

技巧に走らない、風格の大きい芸風だった。

関連項目 編集

脚注 編集

  1. ^ a b 国立劇場調査記録課 編|独立行政法人日本芸術文化振興会 (平成24)2012年1月31日発行『歌舞伎俳優名跡便覧[第四次修訂版]』P.400に掲載。
  2. ^ 坂東彦三郎(6代目) コトバンク
  3. ^ 『家系図」と「お屋敷」で読み解く歴代総理大臣 明治・大正篇』 竹内正浩、実業之日本社, 2017、「桂太郎」の章