メインメニューを開く

坂祝バイパス(さかほぎバイパス)は、岐阜県坂祝町大針から岐阜県各務原市鵜沼東町までに建設されている国道21号バイパス(総延長7.6 km)である。

地域高規格道路
岐阜南部横断ハイウェイ
一般国道
国道21号標識
坂祝バイパス
国道21号 バイパス
路線延長 7.6 km
開通年 2009年 -
起点 岐阜県加茂郡坂祝町大針
終点 岐阜県各務原市鵜沼東町
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0248.svg国道248号(太田バイパス)
Japanese National Route Sign 0021.svg国道21号(鵜沼バイパス) 
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
鵜沼・坂祝トンネル(鵜沼側)、猿啄城(城山)の真下を貫通している

この道路は、地域高規格道路である岐阜南部横断ハイウェイの整備区間に指定されている。

目次

概要編集

国道21号の美濃加茂市から各務原市までの区間は、現道が2車線(片側1車線)の道路で、住宅地、市街地、木曽川JR高山本線の間を走るなど、これ以上の拡幅が不可能であることや、カーブが多く、さらに美濃加茂市と各務原市を結ぶ唯一の道路であるために慢性的な交通集中が生じている。また、同区間には災害対策必要箇所や、夜間騒音が要請限度を超えている箇所がありこれらの対策として整備が進められているバイパスである。

沿革編集

  • 1969年度(昭和44年度):調査開始
  • 1987年度(昭和61年度):都市計画決定 (7.6km)
  • 1990年度(平成2年度):事業化 坂祝町勝山 - 各務原市鵜沼東町 (4.3 km) 岐阜国道事務所担当
  • 1999年度(平成11年度):工事着手
  • 2006年度(平成18年度):事業化 坂祝町大針 - 勝山 (3.3 km) 多治見砂防国道事務所担当
  • 2009年度(平成20年度):2車線暫定供用開始 勝山IC - 鵜沼IC (4.3 km)
  • 2016年(平成28年)3月26日:全線供用(暫定)[1]
  • 2018年(平成30年)4月1日 :旧国道21号の各務原市~美濃加茂市が岐阜県道に移管され、当バイパスが現道となる

インターチェンジ編集

  • 施設名欄の背景色がである部分は施設が供用されていない、または完成していないことを示す。未開通区間の名称は仮称。
  • 路線名の特記がないものは市道
施設名 接続路線名 起点から
km
所在地
大針IC 国道248号太田バイパス 坂祝町
勝山IC 岐阜県道367号勝山山田線岐阜県道345号坂祝関線
鵜沼北IC 各務原市
鵜沼IC 国道21号鵜沼バイパス)・岐阜県道207号各務原美濃加茂線

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 国道21号坂祝バイパスが全線開通します 〜渋滞解消・災害に強い国道21号に向けて〜”. 国土交通省中部地方整備局 多治見砂防国道事務所 (2016年2月15日). 2016年2月20日閲覧。

外部リンク編集