メインメニューを開く

垣屋 恒総(かきや つねふさ、生年不詳 - 慶長5年(1600年))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将垣屋光成の子。但馬国の国人衆。

略歴編集

先祖は但馬国の豪族で但馬守護山名氏の家臣であったが、羽柴秀吉の中国侵攻により父と共に豊臣氏に仕える。秀吉に従って九州征伐小田原征伐文禄の役などの主要な合戦に参陣し、それら功績によって因幡国岩井郡に1万石の所領を与えられ桐山城を本拠地とした。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは西軍に与して伏見城大津城を落城させたが、本戦で西軍が敗れると高野山に逃亡し、そこで自害したという。

なお垣屋氏は、東軍についた三男家(駿河守家)の家系が脇坂氏の家老として仕えた。また、孫の吉綱御三家紀伊家に採用され、同藩の重臣として垣屋宗家の家名を残している。

血縁編集